2018年4月 8日 (日)

たまごプレゼント

  
本日の「給油プレゼント」
 
Dsc_0031  
 
ネタではないと断りたいけど写真だけでは判らず、読者のボクに対する信用に委ねるのだが、上のたまごは、今朝ガソリンスタンドでもらったものである。
 
 
20ℓ以上お求めのお客様へプレゼントだそうだ。(どんなチョイスだ)
 
 
ボクは今日、車で遠出するのに給油しとかないとな、と思い、適当なガソリンスタンドに寄ったらこのたまごを頂いた次第だ。
 
 
これ。。車内に置いといたら腐るし、割れるかもしれないし。。
 
 
「いったん家帰らなきゃ。。」
 
 
こうして一度帰宅し、冷蔵庫にたまごを入れてからまた出発したのだった。
(30分のロス)
 
 
 
生卵には老化予防や美白効果のほかに帰宅促進効果もあることを皆さんも覚えよう。
 
 
 
寄り道ばかりの子どもや家出少女、飲み歩き癖のある旦那などにはいきなり生卵や鮮魚を渡してみるのもグッドアイデアでしょうね。
 
 
「いったん帰ろうか」となるよ。
 
 
 
 
 
 
 
 
 

| コメント (1) | トラックバック (0)

2018年3月 8日 (木)

矢場とん

  
大学ライフのおもしろいところは、なんといってもいろんな地域から学生が集まるところでしょう。
 
思い返せば大学時代はボクの周りでも北海道から沖縄から様々な地方の人が集まっていた。
 
彼らが持ち込む方言やらサブカルチャーがまた一興であり、それまでの地域限定的な価値観が良くも悪くも改められるのだった。
 
 
なんてことを懐かしんでいて思い出したのだが、そういえば大学時代、名古屋から来たKちゃんという女の子がいた。
 
Kちゃんの口癖は、なにかにつけて「やばとん」だった。
 
「えー!それやばとんじゃない(笑)!?」
「マジやばとんなんだけど!」
「やばいやばい!やばとんだわ!」
 
ボクも秋ごろまで卒論に着手してないことをやばとん認定されたし、けっこう長いこと言ってたのだろう。
 
 
周囲の反応は決して温かいものではなく、「あの子なんかやばくない?」とボクが陰で噂を立てた気がする。
 
 
合点がいったのは卒業して数年後、名古屋出張で同僚が美味しい味噌カツ屋に連れてってくれたときだった。
ごめんねKちゃん。
 
 
 
 
 
 
ボクも他府県の人と関わることの多い仕事をしているし、地元コミュニティだけの共通認識を当たり前のように外で出さないよう気をつける所存です。
 
 
 
「花ソー」、「ゴールドもみじ」あたりは要注意である。
 
 
 
 
 

| コメント (1) | トラックバック (0)

2017年12月14日 (木)

限界利益

  
30日坂出で忘年会、31日広島で忘年会、1日松山で新年会。
 
どこか黄色マスがあるんでしょうかこれは。。
 
 
 
 
。。。。。。。。。
 
 
 
 
営業なんかしていると、「限界利益」というものを考えることがある。
 
ざっくり言うと、固定費と変動費を考慮に加えた上で、「ここまで売り上げれば儲けが出る」、「ここまで売れないと赤字になる」というラインのことだ。
ある行動を起こすかどうか迷った時、限界利益を超える算段ならGOだし、下回るのならSTOPという指標となる考えである。
 
 
実家に帰省することを考えてみよう。
 
 
広島に5日間帰省した場合のメリットは、
A:食事代 10000円(親が作るので)
B:諸費用 5000円(光熱費、ガソリン代など)
C:友達に会えて楽しい代:10000円
 
今治から動かなかった場合と比較すると、ざっと25000円くらい得する計算になる。
 
次に、交通費を考えると、
 
今治⇒広島:6000円(高速+ガソリン代)
 
圧倒的に帰る方が得なのだ。
広島のみなさん、朝まで騒ぎましょう。
 
限界利益としては、25000円を超えるかどうかになってくる。
 
 
東京に居たときは、
 
東京⇒広島:45000円
 
となるため、よほどのことがない限り帰らなかった親不幸者です。
 
 
大阪時代は、
 
大阪⇒広島:30000円
 
なので、まぁその時々のイベント次第みたいなところだった。
 
 
 
 
 
 
 
「飲み歩き代」とは「かけるゼロ」みたいなもんで、これがあるので実家で食事なんかしないし、上記の損益計算なんかぐっちゃぐちゃになるし、いつも連休明けに謎の出費に頭をかかえたりするのだが、そういうことはあえて考えないようにするのが精神衛生上良いです。
 
 
 
 
 
 
 
 
 

| コメント (3) | トラックバック (0)

2017年12月 7日 (木)

近道

  
今治に移ってからもう何度も車で広島に帰ってるのだが、自分が最速だと思ってた道が実は遠回りだったのに気づいたのはここ最近のことだった。
 
 
今治からしまなみ海道を通って本州は尾道に着き、そこから西へ進んで広島市内に出る。
 
こう書けば方角的に当たり前で、誰でも帰れそうな道ではあるが、ポイントなのは、しまなみ海道を渡り切ったところで、広島方面(西)か岡山方面(東)への選択を迫られることだ。  
 
 
Photo
 
当然、目指すは広島なので、写真の分岐点で左へ行くのだが、それだと一般道に降ろされてしまい、尾道ICから再び高速に合流するまで時間を要してしまうのだ。
最速なのは、一度岡山方面に進み、直後の福山西JTに入ることで、高速に乗ったまま切り返して西へ進むルートなのです。
 
 
急がば回れではないが、写真の分岐点であえて岡山方面に進むことが広島へ着く近道なのだ。あなたは初見で判断できますか?
 
 
 
マリオカートや頭文字Dのドライブゲームで、あえて正規ルートの逆を行ったり壁にぶつかってみたりするとバグでショートカットできたりすることがあった。
 
 
これはもう、現実世界のバグや裏技と呼べるレベルではないか。
 
ボクだって将来大金持ちになったり超人気者になったりしたい願望はまだあるが、このまま普通に生きたら無理そうだし、努力するのはめんどくさいし、こういうバグや裏技を見つけることに精を出すことにします。
 
 
 
 
 
「山陽道って書いてあるじゃん」と思った人。そういうことではないのです。
 
 
 
 
 

| コメント (0) | トラックバック (0)

2017年12月 6日 (水)

レジ

  
近所のスーパーがつぶれて、違う系列のスーパーが建った。
 
それはまぁいいのだが、気になるのは、前のスーパーはレジが3つだったのに対し、今度建った店はレジが8つあるのだ。  
 
 
立地も店の広さも同じ、客目線でいうと値段や品揃えも大して変わってない。
 
 
しかし、会社はバカではないので、新しい方の営業開発部は多角的なマーケティングから「レジ8個が相応」と判断したのだろう。
 
 
まだ見えていない集客アップのヒントが隠されているのだろう。
営業で顧客開発を任される身としてはぜひともご教示頂きたいところではある。 
 
 
前の店は1年少しでつぶれたが、今度のスーパーはどうだろうか。
来年のこの季節にまた状況を報告しようと思います。
 
 
 
 
来年への楽しみや期待が何もないことに焦り、無理やりつくってみた。
 
 
 
 
 
 
 
 

| コメント (0) | トラックバック (0)

2017年11月20日 (月)

万押し(?)

 
  
本社で会議があり、その近所のスーパーで生活用品を買って今治に帰ってきた。
 
帰って気づいたのだが、買ったはずの歯ブラシがない。
レシートには書かれてて、お金は払ってる。
 
 
あぁ。そういえばレジを通ったあと、買い忘れたものを思い出してもう一度店内に戻ったっけなぁ。
 
また店内を回ってるうちに、手に持ってた会計済みの商品を棚に戻した可能性が高い。
 
 
店からしたら儲けもんだろうか。いや、在庫管理のときにすこぶるめんどくさくなりそうだ。
 
電話しようか。いや、うまく伝える自信がない。
 
 
なんでこんな気を揉まなきゃいけないんだ。ボクばっかり損してるじゃないか。
 
 
 
みなさん、「万引き」は当然、その逆(言葉思いつかず)もやめましょう。自分のために。
 
 
 
 
 
 
 
 

| コメント (2) | トラックバック (0)

2017年11月18日 (土)

疲労困憊帰社後の携帯探し

   
三十二年も生きてると、もうおよその気分感情は経験し尽くしたと思ってたところ、先日ふとしたことから何とも形容しがたいニューカマーな気持ちにさせられたのだった。
 
 
すっかり車通勤が定着したこちらの生活では、いつも携帯電話で音楽を流し、それをBluethuthを通して車のスピーカーから流してるスタイル。
先日、仕事が終わって家の駐車場に着いて、車から出ようとした段になって、携帯を探したが、どうにもない。
 
 
。ポケットから音楽オンにしたはずだが、カバンに入れたっけな。
 
探す、ない。
 
。。助手席に投げたっけな。
 
探す、ない。
 
 
イスの下かな!?
 
探す、ない。
 
 
 
 
確実に携帯は車内にあるという安心感。
(だって音楽が鳴ってて、その発信源なのだから)
 
このまま一生見つからないのではという不安。
(だってこれだけ探してないのだから)
 
 
 
 
結局、携帯は後部ドア下ポケットという、いたずら妖怪の仕業としか思えない場所で見つかったのだが、当時の心境は今思い返しても何とも形容し難い、初めての気分でした。
 
 
 
 
 
 
 

| コメント (1) | トラックバック (0)

2017年11月16日 (木)

金持ちのマーコス

 
留学時代、トルクメニスタン人のマーコスという子がいた。
 
一度実家の写真を見せてもらったら、お城のような外観、大きな暖炉に召使にたくさんの部屋、動物のはく製だらけ、画に描いたような大金持ちの男の子だった。
 
 
留学が終わり、お互い帰国した後、一度マーコスから広島に遊びに行きたいと連絡が来たことがあった。
 
自分はあまり家から出ないし、どうせなら日本旅行も兼ねてそっちに行くから案内してくれないかとのことだった。
 
 
当日は原爆ドームや広島城など外人におすすめコースを案内したのだが、なにせ大金持ちのマーコスは驚くことに足る刺激が少ないのだ。
 
カープの試合を観せても、「ウチ、野球チームのオーナーなんだよね」
広島城で刀や武具を見せても、「ウチ、こんな甲冑いっぱいあるぜ」
 
悪気はないけれど自然に金持ちが口に出るマーコス。
そんな彼を唯一驚かせたのは、宮島に行った時だった。
 
ツノの生えたオス鹿を見たマーコスが、
 
 
「すっげー!!首から下が、ある!」
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ずっと隣に居て旅行中だんだん腹が立ってきたところ、ありがとう、鹿。
 
 
 
 
 
 
 
 

| コメント (0) | トラックバック (0)

2017年11月15日 (水)

自転車

  
「盗んだバイクで走り出すー」
 
あれは泥棒の歌だ。
 
校舎の窓ガラスを割ろうがタバコを吸おうがケンカをしようが別にどうでもいい。
それは、弁償や処罰など犠牲を払うことにより自己完結で済むからだ。
 
けど、他人のモノを盗んで被害者を出したらもうアウトでしょ。返せばいいという問題ではない。
 
「深い闇ととばりの中でー」とか言われても、いやいや盗まれた人の気持ち考えろよ。
おまえの青春謳歌なんか知らんわ、早く返しに行けよあの人困ってるだろうが。
 
 
 
。。。。。。。。。。。。。
 
 
 
東京から地方に出てきて良かったと思える点の一つに、「自転車を撤去されにくい」ことが挙げられる。
 
 
東京は放置自転車取り締まりのボランティアみたいな人が街のあちこちで目を光らせていたので、半日でも置いてたら即撤去だ。
 
もちろん限度はあるが、今治だとコンビニの前で1週間とかでもけっこう大丈夫。
 
 
 
先日、4泊5日の旅行に行くときも、(ボクは怖かったのだが)地元の友達が絶対大丈夫だからと言い切るので駅前に置いて出た。
 
5日後、普通にあった。田舎ならではのメリットですね。
 
 
東京から来た身としてはもう不安で不安で、旅行中ずっと自転車が頭を過ぎる始末で全然置いてきた気になりませんでしたけど。
 
 
 
 
 
 
 
 
 

| コメント (1) | トラックバック (0)

2017年10月19日 (木)

タイ駐在

  
 
いや別に行かないですけど。
 
将来的にもしかしたら。くらいです。
 
 
 
 
会社の上司がこの4月からタイに駐在している。
 
先日、電話で近況を尋ねたのだが、やはり海外生活、それも仕事となると苦労も多いようだった。
 
 
上司「やっぱり常夏だからかな。タイの人はみんなボーっとしてるんだよ。熱いからだろうな。動きも緩慢だしさ。ペース狂うわ。 。。」
 
 
ボク「そんなもんですか。それは人を動かすのも大変ですね」
 
 
ボク「〇〇さん?」
 
 
上司「熱いと頭も回らないんだろうな。。ホント。 。。」
 
 
ボク「もしもし?」
 
 
上司「おう、まぁとにかく大変よこっちは」
 
 
 
 
 
 
 
 
もう、ボーッとしてきてますやんか。
 
 
 
 
 
 
ウチの会社はタイにしか海外拠点がなく、ボクはおそらくずっと国際系の部署にいるので、もしかしたら将来行くかもしれません。(専門は中国語なんですけどね)
 
上司曰く、タイ人は徒党を組んで反撃してくるし、派閥を作ってよそ者を排斥するようなとこもあるみたいで、苦労は目に見えてます。
 
 
 
まぁ今の職場でも対人関係に悩むとこもあり、タイ人関係になったところで大して変化なさそうですが。
 
 
 
 
 
 
 

| コメント (2) | トラックバック (0)

«ばりかた