« 2006年11月 | トップページ | 2007年1月 »

2006年12月31日 (日)

大晦日

今日は大晦日です。知ってますか。

月日が流れるのは早い。2006年の元旦がついこの間のよう。こんな感じで気がついたら30歳くらいになってたりするんだろうな。生まれたのが昨日かおとといのようだ。

 

今年一年を振り返ってみると

 

将棋についてはあまり満足のいく出来ではなかった。県代表も獲って先のグラチャンでも十分な成績を残せたんだが。実力的にはもっと勝ててもよかったと思う。来年はバンバン大会で優勝したい。

学生生活は充実していたと言える。友達も増え、楽しい思い出がたくさんできた。将棋部の部長として一年間部をまとめたのもいい経験になった。

このブログを始めたのも今年だ。
以前から読んでいたお気に入りのブログがあり、この人のような日記を毎日書けたらと思い、自分も始めた。だが、その人のブログはすぐに無くなってしまった。。。
多忙な生活の中、毎日更新するのは大変だとわかった。しかし、がんばって書いていった結果、今では毎日200近いアクセスがある。嬉しい限りです。毎日、自分の書く恥ずかしいことを200人に見てもらえるなんてこんな羞恥プレイはないと思う。自分はドMなのかもしれない。

書けば書くだけ自分の品が下がっていくような気もするが。まぁ元から品などない。これからも続けていこうと思います。

ここを見ているのは将棋が好きな方ばかり。これからもお互いに努力して強くなっていきましょう。特に中四国の学生強豪たち、関東や関西に負けないよういい将棋で魅せてやろう。僕もがんばります。

 

それではみなさん、よいお年を。来年もよろしくお願いします。

(^0^)/。 ・:*:・゜ ★,。 ・:*:・゜☆‥∵:*:☆*゜★。::*☆

| コメント (3) | トラックバック (0)

2006年12月29日 (金)

挨拶

足繁く通う広島将棋センター。

このビルの1階には愛想のいい警備員のおじいさんがいる。

センターに入る時には必ず会うのだが。その際は当然挨拶をする。

「こんにちは」

「はいいらっしゃい」

こんな感じで。

帰るときは

「さようなら」

「はいおつかれさま」

これだけだと何のこともないのだが。

問題は、一度センターに入った後、コンビニや本屋に行くなど、要するにちょっと出て行くけどすぐ帰ってくるよという時。

「さようなら」と言うのもおかしいし、「はいおつかれさま」と言われると戻りにくくなる。10分もすれば帰って来るのに。

どうしたものかと考えていたが、

ちょっとだけ出て行く時は何も言わないことにした。帰って来るときも無言で通り過ぎてエレベーターに乗る。
その人も、僕が何も言わないで通り過ぎるときは「あぁすぐに帰って来るんだな」と思ってくれてるといいんだけど。

ただ、行きと帰りは丁寧に挨拶するのに、たまに挨拶しない時があると言うのは失礼というか変わった奴だと思われないか。そう思うと、警備員のおじいさんに会うのをためらうようになってくる。これからも通い続ける将棋センターなのに、こんなことで行くのが億劫になるなんて嫌だ。

忙しい年の暮れにこんなことを考えながら今日も将棋センターに足を運ぶと、入り口で違う階の人が出て行くところだった。で、警備員さんに

「ちょっとだけ出て行きますね」

「はいいってらっしゃい」

 

こんなことでよかったんです。

一瞬にして悩みを解決してくれたその人に感謝、そして自分のアホさと小心ぶりに投了。

 

唯一の懸念だった問題が解決し、センターへの足取りも軽くなる。今後は警備員のおじいさんとも仲良くやっていけそうです。

 

ただ、今まで「ちょっとだけ出てくる」時は無言だったのに、急に挨拶するようになって、そっちの方が変な奴だと思われないか。

違うんですよ。気づかなかったんですよ。

警備員のおじいさんもこのブログを読んでいてくれればいいと願いつつ明日もセンターに行きます。イメージアップ大作戦や。

| コメント (4) | トラックバック (0)

2006年12月28日 (木)

邪魔なAくん

この日記にもたまに登場するバイト先のAくん。

「ミント事件」や「お冷事件」に関わりかなりの天然ぶりを発揮しているAくん。

彼の失敗談は枚挙にいとまがないのだが。今日のはさすがに腹が立った。

 

この時期の居酒屋は当然平日でも忙しい。忘年会が次から次へと。忘年会シーズンが過ぎても新年会のオンパレード。

今日もキッチンは大量のオーダーを処理するべく、ピリピリした空気の中、調理が行われていた。

僕も必死になってあれもしながらこれもしながらしておったわけです。

何にしてもそうだが、作業のスピードを上げるにはやらなければならないことを整理し、無駄なく効率よく動くことが重要である。特に居酒屋などはいかに早く料理を提供するかが要である。作るものを整理し、まとめて材料を取りに行く。これを焼いてるうちにこっちを炒める。すきを見て皿を取りに行って、すばやく丁寧に盛り付ける。2・3品同時に作るくらいじゃないと立派な料理人にはなれない。

僕も上のことを実践しながら必死に手を動かしていた。頭は次の作業を常に考えている。

Aくんが声をかけてきた。彼はホールである。

Aくん「先輩・・・先輩ちょっといいですか?」

「ちょっと今忙しいから後にしてよ」

Aくん「オーダーの取り方がわからなくて困ってるんです」

「そんなの知らんがな!自分で処理しな!」

とは言うもののAくんもしつこいのでしょうがなく全部教えてやった。まったくこんな簡単なことができないなんて。おかげでさっきまで考えていた料理の要領を忘れてしまった。また一から考え直しとはめんどくさい。

教えてあげた後、「こっちも忙しいんだからあまり邪魔するなよ!」ときつい言葉をかけてやった。

ちょっと言い過ぎたか。。。まぁ彼も一生懸命やってるんだからな。ちょっと反省。

 

さて、今度はドリンク作りである。料理の方は少し落ち着いたので、大量のオーダーが出ているドリンカーを処理しなければいけない。

これも当然、効率のよさが命である。カクテルグラスやサワーグラスを並べ、カシスやカルーアを分量を計算しながら入れていく。頭では次にオレンジジュースを入れるだのソーダを入れるだの常に考えなければいけない。

一生懸命ドリンクを作っていると、またAくんが声をかけてくる。

Aくん「先輩・・・あの、先輩」

嫌な予感満載である。

「なんやねん!」

 

Aくん「さっきは作業の邪魔してすみませんでした。」

 

僕「・・・お、おう・・・」

 

。。。

 

また忘れたじゃねぇかこのやろう!!本気で殺してやろうか!

 

気が抜けて何も言えない。これほど人の神経を逆撫でする奴もいない。それを天然でやってるんだから世話が無い。

女の天然はかわいいけど男の天然は絶えろと思った今日の出来事でした。

ちなみに夕食のとき

Aくん「今日ちょっと不機嫌ですよね。何でですか?」

と聞かれた。もう好きに言えや。

| コメント (5) | トラックバック (0)

2006年12月26日 (火)

クリスマス

一年間を締めくくる将棋大会、グランドチャンピオン戦が24日、将棋センターでありました。

きつい当たりでしたが、なんとか3位に入りこむことができて賞金5000円をゲット。

1位が5戦全勝のN野で、2位と3位が4-1で僕ともう一人。ソルコフ計算の関係でポイント負けして3位となりました。

ただ、僕は2位の人と対戦して勝ってるんですよね。

どうも腑に落ちない。スイス式は複雑である。余計なことを考えたソルコフに腹が立つ。

 

その後は西条での飲み会に誘われていたので、車で移動。次の日が授業なので当初行くつもりはなかったのですが、何でも僕も人数に数えて予約しているとか。強制参加として拉致られたのでした。

この飲み会、後で聞いたのだが、クリスマスイブを一人で過ごすのは悲しいので、負け組みを集めて朝まで飲もうというコンセプトらしい。

事情もよく知らないくせにどうやら僕は勝手に負け組みにエントリーされてたみたい。

クリスマスに何も予定が入ってないことを決めつけないでほしい!まぁ何もないんだけど。

 

なかなか楽しい飲み会でした。

どうも、酔った勢いで、その日獲った賞金を全額みんなの飲み代に還元したらしい。朝になって封筒を開けるとお金がないのでびっくりした。酔っ払うと太っ腹になるみたいだ。

社会人になって給料をもらっても、酔った勢いにまかせ全額おごりそうで怖い。

 

二次会に行って、麻雀を打って寝ました。

クリスマスイブにこんな生活をしていてサンタもプレゼントもあるわけない。来年こそはこの飲み会(負け組みの集い)に参加しないようにしたい。

 

クリスマスに赤い服と立派なヒゲをたずさえて民家の煙突から入ろうとするところを見られたら、「こんばんわ。サンタだよ」でごまかせるかどうか。誰かやってみてください。不法侵入罪になりますが。

| コメント (5) | トラックバック (0)

2006年12月24日 (日)

グルメリポート

グルメリポーターを見ると、現代人の語彙力がいかに貧弱であるかがよくわかる。

どこでどんなものを食べても「美味い!」、「すばらしい!」ばっかり。「舌がとろけるような食感」とか「食欲をひきつける香ばしい香りが」とか言うが、なんというかボキャブラリーに乏しい。

グルメ番組を観ると腹が立つ。どうせ食べられないんだし。そのくせ料理はおいしそうだから皮肉である。

あれだけ食べれば口に合わない料理もあるだろうに。「まずい!」とか「二度と食べたくない!」と評価するのもありだと思う。そんなグルメ番組も観てみたい。

「世界一まずいラーメン屋」なら逆に足を運んでみたい。

しかし、「世界一おいしくて高いラーメン屋」には行きたくない。結局、質ではなくて金で決めてるんだなぁ。

 

腹が立つとは言っても何となく観てしまうわけで。

今日観ていた番組では、リポーターが有名な旅館に赴き、料理を堪能するというものだった。

何を食べるのかと思いきや、そこはおいしい魚が獲れるとかで有名らしく、川に降りて釣りを始めだした。

そこで釣った魚(鮎だったか)を旅館に持ち帰り、調理してもらうというのだ。しかし、旅館の主人曰く、「この魚は新鮮なうちに網焼きして食べた方がおいしい」とかで、網を出してリポーターの前で焼き始めた。

そしておきまりのようにリポーターが言う。「美味しい!こんなおいしいものは食べたことがない!」
もっと頭のいいことは言えんのか。そしておまえは今までどんな貧相なものを食べてきたんだと。ただの焼き魚だろ。

それを聞いた旅館の主人は「いやぁそうですか。おいしいですか。うれしいなぁ」だって。

いやいやご主人、それはあなたの手柄じゃないでしょう。網で焼いただけのくせに。

テレビの前で一人つっこんでてもしょうがないので、外に出ました。

今日は寒かったです。おいしい焼き魚が食べたい。

 

僕にグルメリポートをやらせてもらえると、おもしろい番組ができると思うが。

「まずいラーメン屋格付け」とかやってみたい。

まずいだ最低だを連呼する番組。「金はいいからとっとと帰ってくれ!」と言わせるのがコツ。

 

| コメント (5) | トラックバック (0)

2006年12月22日 (金)

竜王戦

竜王戦すごかったですね。フルセットの末、最強の挑戦者を跳ね返し、渡辺竜王が堂々の防衛。

僕は佐藤棋聖もちでしたが。やはり若いパワーに押されたか挑戦者としては悔いの残るシリーズになった感がある。

佐藤棋聖をもってしても渡辺竜王の勢いを止めることはできず。今や松坂と指しても亀田と指しても勝つんじゃないか。

ちなみにこの竜王戦の結果は広島のある人が大きく左右したと言っても過言ではないんですが。まぁいいや。

 

今日は竜王戦を継ぎ盤検討してました。

 

夜に、おさかなダンスさんと居酒屋に行く。もちろん「つぼ八」ではない。

居酒屋店員として他店の接客をチェックしてみたが、う~ん完璧。女性店員が多くうらやましかった。まぁ隣の芝生は青く見えるってやつですね。

 

話は変わるが。

さっき、あまりに汚い我が机の上を整理していたら

返却期限が一週間も過ぎたレンタル漫画が出てきた。

これって運がいいのか悪いのか。

運がいいんだろうね。延滞料がさらに高くなるところだった。

日付変更は午前3時。

まだ読んでないその漫画をものすごい速さで今読み終わり、これから返してきます。全然内容がわからなかった。見つけてラッキーだったはずなのに、お金を払いに深夜レンタルショップまで行かなければいけないというアンラッキーも併用というのは不条理だ。

せっかく出向いたんだからと思い、また漫画を借りるが、金を節約するため1泊2日にしてしまい、読み終えることができずまた延滞料を払ってしまう。このサイクルが直らない。

なかなかのお金持ちなのだが、1週間レンタルができない貧乏性。おにぎりも120円を超えたらもったいなくて買えない。

年の暮れまでしょーもない生活を続けて2006年を終えてしまいそうです。

| コメント (4) | トラックバック (0)

2006年12月20日 (水)

無人島

無人島に一つだけものを持ち込めるとしたら何を持っていくか。

 

こんなテーマで2時間も喫茶店で時間を潰せる僕らはほんと平和に生きてるなぁと感じた火曜日。

友達4人と昼間っから話し合っていた。(ちなみに集まった目的は期末テストの勉強だったのだが)

さて、無人島に何を持って行こうか。

いろいろな意見があったが、二つに大別できると思う。

それは、「無人島生活に役立つもの」と「無人島での寂しさをまぎらわすもの」

前者は、例えば釣竿とか濾過器とかサバイバルナイフとか。後者はパソコンとか漫画とか。

幼稚園児でも思いつくようななかなかユニークな案だと思う。釣竿や濾過器は必要だろう。現実問題、無人島では食べ物、水の不足が第一に懸念される。サバイバルナイフはがんばれば枝などで代用できるかも。やはり持って行くなら生活に役立つものがいい。

寂しさを解消するものも必要だとは思うが、パソコンはネット接続ができないんじゃないか。「東大将棋」やマインスイーパをして暇を潰せるといいが、バッテリーが切れたらただの荷物になってしまう。漫画も、読み終えた後に絶望感が待っているに違いない。
寂しくないように彼女を連れて行くという輩もいたが、それはかわいそうだからやめておけとアドバイスしてやった。そんなの無人島じゃないしね。

その他には、発炎筒や防寒具なども候補に挙がった。みんな無人島でも生きたいんだなぁ。

コーヒー一杯でそんなことを2時間も話しているとさすがに店員の態度が変わって来たので、そそくさと解散しました。結局、決定的な意見は出ず。まじめに期末テストの勉強しとけばよかった。いやいや、もしかしたら「無人島に何を持って行くか」がテスト内容かもしれない。

 

 

まぁ僕は迷わず船を持って行きますけどね。すぐ帰れるように。衛星電話とかもいいね。

| コメント (4) | トラックバック (0)

2006年12月19日 (火)

寝坊

日曜はバイト先の忘年会があった。人の金で食べる焼肉はとてもうまい。閉店後のスタートなので時間は遅かったが。お腹をスッカラカンにして臨んだ。

総勢15人ほどで深夜1時から焼肉開始。食べ放題だったので厨房が泣くほど食べてやった。

お酒も大量に飲んで、フラフラになりながらお開きとなったのだ。

3時に解散して、女子は帰宅。店長や先輩方はキャバクラへ足を運ぶらしい。

「きみも来なよ。お金はもってあげるから」と誘われたが

女子からの突き刺さるような視線。。。

「いや、僕は遠慮します」と断ったのだ。そして今も後悔し続けている。

というわけで女の子の送り狼となった僕はてくてくと夜の街を後にするのだった。

「さっきは見直したわ。キャバクラに行く男の人なんて嫌い」なんて言われたり。

「いや、あぁゆうのには興味ないから。行く人の気が知れないよね」なんて答えたり。大うそつきめ。どうにかこいつらを巻いて今すぐにでも引き返せないかと考えていた男です。

結局そのまま帰路につくのだった。

家でパソコンしたり本を読んだりしてるといつのまにか5時。2限から絶対に出ないといけない授業があるので就寝する。

8時に起床。お酒が体に残っているため最高の寝覚めだった。はりきって学校に行くと授業開始の1時間以上も前に着いてしまった。

待っててもしょうがないので、部室に行ってちょっとだけ仮眠をとることに。授業開始は10時45分。このときの時刻が9時半。さすがにこれだけの睡眠じゃきついので、1時間だけ寝ようと暖房とストーブをつけ、「るろうに剣心」を枕にして横になったのだ。

 

 

眼が覚める。

「しまった!寝すぎた!」

目をこすりながら時計を見ると、長針が10のところへ。アラームをかけ忘れていた。

「授業始まってるじゃん!」

慌てて教室棟に移動。

教室に入ると誰もいない。

「あれ?休講だったかな」と思い立ちすくむ。

そしてふと時計を見て愕然とするのだった。

 

ええと。。。12時50分でした。。。

1時間だけ寝るつもりが3時間以上も寝てしまった。学校に着いてから寝坊するなんてアホ過ぎる。自分への反省をこめて昼ごはんは食べなかった。というか食べれなかった。

 

うーん。。。ほんとにアホ過ぎる。

 

5回休むと単位が出ない授業を現在5回休んでます。

| コメント (3) | トラックバック (0)

2006年12月17日 (日)

高校新人戦

昨日のバイトは足が痛くてつらかった。レーザー治療なんかクソの役にも立ってない。

意地になって一回も料理やドリンクを運ばなかった。強い。

もちろんかなり気まずい雰囲気を作りだしてしまったが。それでも持って行かない。料理が冷めようと氷が溶けようとひたすら誰かが持って行くのを待つ。もはや武士道。

当然、おまえも持って行けよとも言われたが

「だって足が痛いんだもん」

を多用してのりきった。

 

今日になっても治らず。。。足をひこずって街まで出た。

さて、この時期は高校新人戦の中国大会がある。今年は広島で開催されているとのことで、知り合いと見に行った。

高校新人戦とは懐かしい。仮にも現役時代に激戦区の広島県大会で優勝したのだ。
(別に書く必要もないけど、自分から言わないと誰も思い出してくれないので)

ということで、すぐ近くの「ホテルほっけ倶楽部」に移動。

なんだ「ほっけ倶楽部」って。「法華」って書けば高尚なイメージにもなるのに、ひらがなで書かれちゃ完全に焼いた魚のひらきを連想してしまう。

見た目も、小さく、ボロっちぃホテルだった。内装はさすがにきれいだったが。

会場に入ると、選手がたくさん。いいねこの雰囲気。自分の高校時代を思い出した。

僕に気づいてくれたのが数人、「誰やあいつ」が残り多数だった。まぁしょうがない。

広島、鳥取などかなりの強豪なので、ハイレベルな将棋が期待できる。明日も対局があると言うことで、残った選手にはしっかり休んでもらって、万全の体調で臨んでもらいたい。広島県勢は全員家に帰って寝なさい。宿泊料がもったいない。

という感じで、ゲスト棋士のような大きな態度で会場を見て回り、すぐに帰ったのだ。遠征して指す将棋はまた違った楽しみがある。懐かしさを感じながら会場を後にした。

高校新人戦を見て来て思ったこと。

 

「ホテルほっけ倶楽部」は絶対に名前と外見で損をしている。

| コメント (4) | トラックバック (0)

2006年12月15日 (金)

病院

病院に行って来ました。

何でも骨にひびが入っているらしく、しばらくは安静にしておけとのこと。

先生「何か硬いものの上で跳んだり跳ねたりしなかったか?」

との質問に、しばし考えて思い当たるふしが一件。

そういえばちょっと前、大学で友達と縄跳びをした記憶がある。

なぜか縄跳びが放置してあったので、誰が一番うまいか競争したのだ。

昔から縄跳びが得意だった僕は率先して二重跳びやら難易度Sのはやぶさを披露した。

そして下はコンクリートだった。

ということがあったのだ。きっとそれが原因に違いない。あとは思い当たらない。まさか将棋を指していて足はケガしまい。

そこで軽くひびが入っていたのを気づかず歩いてるうちに痛くなったのだろう。

先生のあの呆れた顔。診断書には「大学で縄跳びをしていて骨にひびが入った」と書かれたのか。恥ずかしすぎる。

誰にも言わないつもりだったが、自分への反省もこめてここに晒します。二度と縄跳びはするまい。

病院ではレントゲンを撮ってレーザー治療をしたのだった。

当たり前だが、レントゲンには指の骨が5本あり足の形をしている。あぁ自分もちゃんとした人間なんだと感じた。

その後のレーザー治療。

5分間足に照射する。で、看護婦さんが、レーザーは目に悪いので、見ないようにするか、こちらをおかけ下さいとタモリのような黒いサングラスを渡すのだ。

タモリになりながら足にレーザーを照射されますかってばかにしとんかい!21歳にもなってそんなかっこ悪いことができるか。ただでさえかっこ悪い理由で病院に来とるんじゃ!

「目をつむりますから」と冷静に断ったのだ。

きっとあのサングラスをかけると、前が見えずきょろきょろしているタモリのような患者が足にレーザーを当てられてるのを見て笑っているに違いない。危ないところだった。

とはいうものの、レーザー治療とはかっこいい。どんなものか好奇心からチラチラ見てしまったのだ。あぁサングラスかければよかった。

 

久しぶりの外科はそんな感じでした。しばらくは足をひこずって歩きます。

| コメント (3) | トラックバック (0)

2006年12月14日 (木)

なぜか突然左足が痛くなった。

親指の付け根が腫れて、ものすごく痛い。

歩くのが困難なほどで、今日は足をひこずりながら学校へ行きました。

それにしても、原因がわからない。どこかにぶつけたり、何かが刺さったりした記憶もない。突然痛くなったのだ。霊の仕業かもしれない。

やっとの思いでバスに乗ったら、満席だったにも関わらず席を譲ってくれる学生。まだまだ若者も捨てたものじゃないなと完全におじいさんになってしまいました。

大学前の長い坂がつらかった。つまづいたら下まで転がっていきそう。

そして通行人からの不憫な視線。「若いのに大変ねー」みたいな。追い越すたびに振り返って見てくる。健康のありがたさとは不健康になって初めて気づくのだった。

授業が終わり部室に非難。腫れはひどくなっている。痛みをまぎらわせるべく将棋を指した。もし将棋が足で指すゲームだったらえらいことだった。

 

とりあえず大変な一日でした。

 

一旦、家に帰り病院に行こうと思ったけど痛くて動けない。結局行けなかった。痛くて病院に行けないというのもおかしな話だが。

明日は授業がないのでがんばって病院に行こう。

 

「二度とクラシックバレエが踊れない体になりますよ」

なんて診断されたらどうしよう。。。

いや別にそれはいいか。

| コメント (5) | トラックバック (0)

2006年12月13日 (水)

モーニング娘。

モーニング娘。の新メンバーが決定したそう。

もう好きにしてくれという感じですな。ポケモンと同じ。いつしか全員言えなくなった。

しかし、世間の評価を敏感に察知し絶えず流動を繰り返す姿勢だけは企業やら政治やらに見習わせるべきですね。日本政治の骨子はモーニング娘だ。

 

それにしても、新メンバー決定の理由が「彼女の歌声に惹かれた。低音から高音に伸びるあたりがすばらしい。大成するだろう」って。。。

誰もモーニング娘に歌唱力は求めてないでしょうに。

つんくも素直に一番かわいかったからと言えばいいだろう。

 

僕と同い年の後藤真希も彼女たちの間ではもうおばさん扱いなんだろう。平成生まれの台頭は恐ろしい。

年上だからって切られるとは限らない。全てはつんくの一存なのだ。きっとメンバーも気が気でないに違いない。

「次はあんたよ!」 「いーや、あんたの番よ!」なんて会話があったり。まるで死刑囚だ。

そして辞める際には適当な理由がつけられる。

「演技の勉強をする」だの「留学したいから」だの。うそつけ。こんなおいしい仕事やめれるかい。

 

そういえばKAT-TUNの赤西くんも留学を理由にいなくなりましたよね。ほんとの理由が知りたいところです。

というか、じゃぁユニット名を変えろよと思うのは僕だけか。

TTUNKにするとか。読み方は「っつんく」で。

そしてハロープロジェクトに入ればいい。何組ものカップルが誕生するだろう。

うだうだ書いてるけど結局のところは芸能に興味があるんだよね。ねむい。

| コメント (4) | トラックバック (0)

2006年12月11日 (月)

言葉

最近、バイト先に中国人が多くなった。

飲食店では働きやすいのか。この一ヶ月で院生やYMCA生が5人も入ってきた。

不慣れな日本語なので会話に困る。

というか接客業には向いてないんじゃないか。オーダーを取りに行かせても、客の言葉がわからないから結局他の店員が聞きに行くという二度手間。

わからないなりにも必死に話そうとするが。たまに変な言葉になる。

今日の会話

「王さんってさぁ。いくつなの?」

 

王さん「19歳です。   おまえは?」

 

「え・・・おま・・・え?・・・えっと・・・21歳です」

 

なぜ年下の後輩に敬語を使うのか。おまえと呼ばれるとは予想外だった。

メールを送っても

「今日さぁ。バイト代わってくれないかな?」

「いいですよ。僕代わります」

「ありがとう。今度何かごちそうするね~」

「もう昼ごはん食べたからいらないだよ」

 

↑意味わからん。まぁタダで代わってもらえたんだが。語尾の「だよ」も謎である。

もちろん院生なんかは日本語を達者に話すが。中国人と話すのはおもしろい。

ちなみに中国人には小龍包(しょうろんぽう)と言っても通じないのでご注意を。

| コメント (3) | トラックバック (0)

2006年12月 8日 (金)

ケミストリー

最近よく観てるのは

「CHEMISTRY  ALL THE BEST」に収録されている「2006 Tour fo(u)r さいたまアリーナ」のコンサートDVD。

先月末に発売されたケミストリーのベストアルバム。広島一のケミオタとしてはこれを逃すはずがない。
といっても、収録曲なんて全部シングルで持っているのでお目当ては同梱されているライブDVD。
昨年行われたさいたまアリーナでのライブ映像を2時間以上も収録した豪華な一品である。(ちなみに広島でのライブは友達と聴きに行った)
さらに、ASAYANオーディション時代の映像も収録されている。これを買わない人は人間じゃない。
ちなみに、DVDが付いているのは、初回限定版なんでお早めにお買い求め下さい。悲しいかなまだ残ってるんだよね。

初回版を逃した方も、通常版でケミストリーのよさを知ってください。デビュー曲「Piecies of a dream」から最新シングル「遠影」まで全部入っています。

未発表曲で、「Top of the world」とあったので、「おぉ!カーペンターズのあの名曲をケミストリーがカバーか!」と思い逸る心で聞いたら全然違う曲だった。。。

 

まぁそんなこんなで最近は朝から家でコンサート気分なんですよね。

いやほんと「ALL THE BEST」買ってみてください。

 

じゃぁ、僕が好きなケミストリーの曲を一つ紹介しましょう。

今回のアルバムには入ってないのだが、4thアルバム「ONE×ONE」収録曲より「Ordinary hiro」。

アップテンポな曲で、ノリがいい。そしてなにより意味のないシャウトがいい。一部紹介する。

。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

 

ち~かみ~ちはしな~いで~一歩ずつ歩い~てゆ~くつ~もり~だよぉ

ヒ~ロ~じゃない僕は~ヒロ~インじゃな~い君の~ところ~へ~オォォ!ウゥゥ!

オィェィウォェイ ノッ!ノッ!イェェ ウォィェ ウゥイェーイイェーイイェェ!!

僕は~今ぁ!君を迎えに行こうとしている!ヒ~ロ~はぁぁ!ヒロインを抱き熱いキスのシーン

かぁーさぁをぉ!させどぉ無意味なほどのーあーめが降るぅ!

ぼーくはぁ!今ドアを開けゆっくりと歩き出すぅーゥゥゥオォォ!

オーイエェ!オーイエェ!イェエ!レスゲッドカミンナァァ!

ライドンウーウラレドナハ ウゥラレドイェィ イェーヘーィ!

君を迎えに!君のところへ!もう近道はしなーいで!君を迎えに!君を迎えに!

ラララ!ラララ!ラララー!ウォーオウォォホォ!

。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

 

文字にしてみたらなんだか発狂人みたいですが。いい曲なんで一度聞いてみてください。

あと、カラオケに行く機会があったら誰かケミストリーを一緒に歌ってください。。。

| コメント (3) | トラックバック (0)

2006年12月 6日 (水)

今日はカギを忘れて出てしまったので、家族が帰ってくるまで家に入れないことに。。。

いや最近ほんとに物忘れがひどい。

この前なんか、家を出た後携帯を忘れたのに気づいて、取りに戻ったら今度はカバンを置いたままにしておいて。。。バスに乗ったら、停車ボタンを押すのを忘れて行きたくもない駅まで連れて行かれてしまった。寒さのせいですねきっと。

で、夜まで家に帰れないので何かして時間をつぶそうと。

今日は将棋部の活動日だったので、部員が集まっていた。

じゃぁみんなで将棋した後、忘年会ということでどこかにご飯を食べに行きましょう♪と提案したところ、「そんな急に言われても困る!」と一蹴されてしまった。。。

急に思いついたんだからしょうがないですよね。。。

それでもしつこく、先輩の家にたかろうと試みる。だって家に帰れないし。

「先輩の家で鍋やりましょうよ!友達も誘って!」

先輩はしょうがなく友達に聞いてみたが、みんな忙しいとのことで鍋会は中止となった。

それでも執拗に粘ってみたが、みんな冷めてしまったので、しょうがない帰ることに。

 

家路までゆっくり歩き、途中のコンビニでゲーム雑誌を30分も立ち読みしたのだった。

冷たい夜風にあたりながら帰ると、みんなで鍋を囲ってわいわいしたくなる。

あぁ鍋が食べたいと公園のブランコで一人寂しく黄昏ていたのだ。

(注 鍋が食べたいわけじゃないですよ。鍋の中にある具が食べたいんだってそんなことわかってますかはい)

昨日とは一転、寂しさを感じた一日でした。誰か鍋に誘ってやってください。

| コメント (3) | トラックバック (0)

2006年12月 5日 (火)

ピザ

今日は全ての授業をブッチしてやった。

こんなことができるのも、月曜の授業はまじめに出ていたおかげ。

二度寝できるのはすごく快感である。

さて、昼過ぎに起きたわけだが、朝ごはん(?)を食べようにも何も見当たらない。いつしか家族は僕の朝ごはんを用意してくれなくなった。

せっかく学校をサボって今まで贅沢に寝ていたのだから今日一日は贅沢に暮らそうと思い、朝ごはんからいろいろ悩むことに。

そして決めた。

「デリバリーピザを朝食にする」

こんな贅沢はない。貧困国だったらリンチですよ。

さっそくネットから注文した。バイト代が入り金は余っているのでMサイズにサイドメニューをつけて買ってやった。2000円。

ピザが届くまでも贅沢に。歯磨き粉や洗顔フォームもいつもの倍くらい使って。テレビの音量もでかくしてやった。

そしてピザが届く。

初心者マークをつけたお兄さんが震える手でピザを渡してくれた。
白い吐息が今日の寒さを教えてくれる。鼻水が出てたのでポケットティッシュをあげた。

玄関越しに少し話すと、時給750円で働いているらしい。僕のとこより安い。しかも学費を稼ぐためとか。。。

部屋に戻りピザを開けるが、すっかり気持ちが冷めてしまった。

学校をサボって昼間から一人で2000円もするピザをとってテレビを観ながら食べるやつと、寒い中鼻水を出しながらピザを届け安い時給で働き学費を稼ぐお兄さん。

関係ないけど、世界中で食べ物が無く飢え死ぬ子供が一日300万人。

あぁ。せっかく豪勢にピザをほおばろうと思っていたのに、こんなセンチメンタルになるなんて!

自分は幸せものだと感じながら完食したのでした。

 

そしてその後、将棋センターに行き、友達と将棋を指した後、とんかつを食べに行って、帰りに本屋で読みもしない「英会話入門」とか「手塚おさむ傑作集」とかを買ったのだ。

そんな一日でした。

やっぱり贅沢はやめられないね(-∇-)y-~゜゜゜゜

| コメント (3) | トラックバック (0)

2006年12月 3日 (日)

動物園

なぜか突然動物園に行きたくなったので、休日を利用して友達と出かけた。

山をぐるぐると上がって安佐動物公園に着く。小学校以来だから10年ぶりか。

_041入場しまず最初に出迎えてくれるのはおさるさんである。
すごいでしょこの写真、こんな近くで撮ったんですよ。
それにしてもサルにしては顔が怖いと友達と話していたら案の定サルではなくヒヒだった。ちなみにこの直後上からヒヒが転がり落ちてきてたまげる。

 

_042ダチョウはシマウマやキリンと一緒に飼育されていた。
品種の箇所が気になったのだが、ダチョウ目にダチョウ以外の動物がいるのだろうか?
ちなみに上はシマウマの説明。「しま模様の効果とは、しまとしまが重なって1頭1頭が見分けにくく、おそわれにくいといわれる」ほんまかいな。

というかこんな看板を撮るんだったらダチョウかシマウマを撮ればよかったですね。

 

 _043
出ましたゾウさん!

しかし、見た時が小さかったせいか思ってたほど大きくはなかった。
鼻が長かったり首が長かったり、動物っていろんなやつがいますね。
ちなみに、密漁でゾウなどの大型獣を殺す場合、ピストルなんかじゃ皮膚を貫かないから、散弾銃を体内にぶち込んで、体の内部から破裂させるらしいですよ♪

 

_044そしてバク。

全然起きてくれなかった。。。
夢を喰うとか言われているが喰われるのはおまえらだろうと言いたい。
寝不足が続いてつらい人、来世はバクになったらいいですよ。 

 

_045最後にライオン。

ほんとはトラの写真も撮りたかったのだが、あまりの迫力に怖くなってしまい撮れなかった。ライオンは距離が遠かったので何とか激写。
しかし本気で吠えられるとやっぱり怖い。ネコ科なんてかわいいもんじゃないですよこいつら。

 

という感じで動物園を巡ったのだ。

休日に男二人で行くのは少しさびしかったが。(そしてむちゃくちゃ寒かった)

その後、ちょっぴりいいことがあったので振り返ってみると良い一日でした。おしまい。

| コメント (2) | トラックバック (0)

2006年12月 1日 (金)

流しそうめん

次年度、希望するゼミに入れることが決まった。わーい。

志望者が多く、成績を加味というのが不安だったが、面接で「自分はこんなに将棋が強いんだよ!」ということを全面に出したのがよかったか。おもしろい人材ということで合格した。

なぜそのゼミに入りたかったか。
まぁ内容が簡単やらレポートが少ないやらあるが、なんといってもフィールドワークや合宿が多いこと。やっぱり教室でじっと授業を聞くだけよりも学外に出て活動する方がおもしろいしね。交友関係も深まる。

今年までは強制で勝手に決められた教授のゼミに入っていたが、来年からはゼミもチューターも変わる。

今のゼミも合宿とかあってけっこうおもしろかったけど。去年つらい思いをした。

それは夏合宿でのこと。

ド田舎の研究施設へ連れて行かれ、農作業をしながら環境の勉強。とことん帰りたかったが、ゼミ生6人と仲良くなりそれなりにおもしろかった。

そして、夜はメインイベント「流しそうめん」

真っ暗い中でやる流しそうめんも気味悪いものだが、みんなで騒ぎながら食べてるうちにわけのわからないことになってきた。

初めはおとなしくそうめんを上から流すだけだったが、一人が野菜やらを流すと調子に乗って手当たり次第流しまくる展開に。

まぁコーヒーやキムチが流れてくる流れてくる。台の下はぐちゃぐちゃに。どこが環境学部の生徒なのかわからない。

「そんなことしちゃだめだよ!食べ物は大切に扱わなきゃ!」

なんて言うわけもなく「俺も流したい!」と率先して参加したのだった。

さて、夜食のフルーツやらジュースを流しに流してもう材料が尽きてしまった。

もうないのか!と辺りを物色しているとビニール袋の中に大量の食物が。

まだあるやないか!とその中からパンやチーズを手当たり次第放り込んでいったのだった。

そしてそのほとんどは食されることなく下のゴミ溜に流れていった。

 

異変に気づいた仲間が叫ぶ。

 

「ちょっと!それ明日の朝ごはんだよ!!」

  

 

Σ( ̄ロ ̄lll)

やってもうたがな!!

 

そう、僕が持っていたのは全員分の朝食が入った袋だった。

一変する場の空気。突き刺さる仲間からの冷たい視線。

 

1・2品消えた次の日の朝食は質素なもので、黙々と食べるだけの空気に窒息死しそうになった。

 

という情けない思い出があるのだ。

次のゼミでは絶対にそうめんだけを流そう。

今でも当時のメンバーに会うとつっこまれてしまう。

反省してますのでどうか水に流してください。流しそうめんだけに。

みなさんも食べ物は大切に扱いましょう。

| コメント (3) | トラックバック (0)

« 2006年11月 | トップページ | 2007年1月 »