« 2007年2月 | トップページ | 2007年4月 »

2007年3月31日 (土)

キリン~本戦~1

 

最近、更新がおろそかだなぁ。

まぁ自分など二日に一回ペースで十分なんですけど。

 

 

さて、忘れないうちに個人戦本戦を振り返ります。

 

予選が終わって、本戦の抽選をするのだが、僕が引くと例によって超強豪と当たってしまう気がする。

ということで、運のよさそうな奴を探して回る。

この日記にも登場した後輩のY本を発見。聞けば実力の割りに2連勝で予選通過とのことなので、運気をいただくべく抽選を引いてもらう。

 

84番。

 

K川学生名人のすぐ隣に。

 

とりあえずY本を2・3発殴る。

すっかりへこんでしまった。

 

まぁ勝てない相手ではないと言い聞かせ、昼食を食べに出る。

幸い1回戦はシードだったのでゆっくり食事することができた。

 

会場に戻り、いろんな人の将棋を見て回る。

僕の相手は早目に決まったので、他を待たず対局。

 

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

2007年3月29日 (木)

キリン~予選~

 

お久しぶりです。

 

キリン個人戦を振り返る。

 

土曜の夜は恒例の中四の飲み会に参加。その後、カラオケに行って、深夜4時ごろT内邸に帰宅。

次の日は朝から対局なので、このままじゃ起きれるかどうか心配。

自分の目覚ましだけじゃ不安なので、T内にも目覚ましをかけてもらうよう頼む。

こいつも次の日研究会があるらしく、朝早く起きなければいけないらしい。

「俺が起こしてやるから任せとけ」

と言われたので、安心して眠りにつく。

 

次の日。

 

僕の方が先に起きる。

 

すでに対局開始40分前。

T内はまだ寝ている。

 

とりあえず「バカヤロー!」と叫んで、家を飛び出す。

 

せっかく、会場までの電車や道を調べておいたのに、タクシーに乗るはめに。

タクシーの中で朝食を済ますと激しく気分が悪くなった。この辺からなんとなく今日は勝てない気がした。

 

ギリギリセーフで会場に到着。

席についてすぐに対局開始。

 

予選1回戦は駒場東邦高のI江くん。

一応、前日に近将道場で調べたところ、2100以上あったので油断はできない。

相振り飛車の出だしから、序盤から中盤、こちらだけ好形に組み不満のない展開。

優勢を意識したまま終盤に入ったが、仕掛け方がおかしく、飛車交換から差を縮められる。

あっという間に形勢は均衡。一手指すごとに攻守が交代するような白熱した終盤になった。

こちらが不利な局面もあったが、粘り続けて追撃を許さない。

どちらが勝ってもおかしくない、超熱戦を展開。ギャラリーの多さがこの将棋の白熱を表しているかんじ。

が、ここで両者1分を切る。(30分切れ負け)

こんないいところで~!と思ったが、仕方なく、以降は壮絶な叩き合い。

もう将棋じゃなくなってしまった。

申し訳ない話、右指し左押しとかもした。まぁ向こうも指さずに押したりしてたけど、クレームをつけるヒマもない。

こうなると、経験値の差が出てくる。時計に近い駒を動かしたり、ただ捨て連発で時間を稼ぎ、こちら残り3秒、相手残り5秒から切らせて勝ち。最後は0秒と1秒だった。

時間では勝ったが、さすがに申し訳なかったので、審判の許可を仰ごうかと尋ねたところ、素直に勝ちを譲ってくれたので、なんとか接戦をものにする。

感想戦ではどちらが勝ってもおかしくないほど熱戦だった。美しい将棋だったのに、絶対棋譜は並ばないだろう。

 

予選2回戦は千葉大のY澤くん。

居飛車対ゴキ中の将棋から難解な中盤戦が続く。

千日手模様になったが、こちらから打開。1回戦で精も根も尽きてしまったので、千日手はつらい。

途中、不利になって、やっぱ千日手にしませんか?って言いたくなる局面もあったが、相手の緩手に助けられ、王手ラッシュから挟撃体勢を敷き必死をかける。

向こうも詰ましにきたが、際どく逃げて勝ち。

 

2連勝で予選通過だが、今思えば僕のところはかなり強いブロックだったと感じた。

自分で抽選を引いても引かなくても鬼ブロックに入ることが判明。こんなの理不尽だ。

 

次回は本戦編です。

 

 

今回の遠征で思ったこと。

 

大阪駅の周辺は、常にヨドバシカメラを目印にしないとどこへも動けない。

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

2007年3月24日 (土)

大阪なダンス

 

奨励会員である後輩の家に泊まってます。勝手にパソコンを借りて更新。

 

今日は、6時間電車に揺られ、大阪へと到着しました。

大阪の満員電車は半端じゃない。広島では味わえない人口密度でした。快感だったりします。

 

大阪駅で、2人と合流。ちなみにもう一人は、高校時代、団体でチームを組んだY本です。観音高校最強チームの復活。

みんなで夕食を食べようということになったが、僕は大阪の地理に弱いので、T内に案内させることに。

こいつ、あらかじめホットペッパーで店をチェックしてくれたみたい。感心しました。

 

ところが、金曜の夜ともあって大阪はどの店も人でいっぱい。行く店行く店に門前払いをくらいました。

重い荷物を持って大阪の街を行ったり来たり。

T内「あれ。僕、道を間違えたかも」

と梅田を何往復も。荷物重い。

夕食の前に、こいつを食べてやろうかと思った。

 

結局、すき焼きで妥協。

高校時代の話に花が咲いてとても面白かったです。

 

会計のとき、精算し終わってから

T内「あ!ホットペッパー出すの忘れた!」

 

精算前じゃなきゃダメということで割り引いてもらえなかった。

タクシーで帰る予定が狂い、3人徒歩で帰った。

 

後輩は何も変わってなかったです。バカでした。

 

家に着いてからは3人で将棋。

キリンに向けての研究も万全。

 

いよいよ本番です。がんばります。

 

といっても明日は予定がなくヒマなんですが。

 

| コメント (1) | トラックバック (0)

2007年3月23日 (金)

キリン

  

明日からキリンに出るため大阪に行きます。

将棋関係以外の人には何のこっちゃわかんないでしょうが、キリンっていう大会です。

 

優勝して、自己紹介の席で

「キリンです」

って言いたい。低い声で。

 

全力を尽くしてきます。

 

 

今日、初めてボナンザと指した。

渡辺竜王との試合でだいぶ話題になり、指してみたくなった。

 

将棋センターで指した初手合いは僕の勝ち。

弱いだのたいしたことないだの散々罵ってたら、次からボコボコにされてます。

今、2勝10敗。

コンピューターには感情があるみたいだ。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2007年3月22日 (木)

梅酒

 

バイト中、梅酒の一升瓶を割ってしまった。パリーン。

 

「あ!あぁ!」

 

この世の終わりみたいな声を出してしまって恥ずかしい。

 

うちの店では、皿やグラスを割るごとにカウントし、今月誰が何枚割ったかをシフト表に書いている。

一番多く割った人は、月末に飲み会を開くという罰ゲーム。

 

この制度ができてから僕はまだ一枚も割ってなかったのだが、ついにやってしまった。梅酒。

 

ションボリしながらシフト表に1ポイント記入すると、先輩から手厳しい一言。

「梅酒は皿やグラスとは違うぞ。2ポイント書いとけよ」

 

そんなバカな。皿やグラスより高価だから罪も重いとおっしゃる。

当然僕は反論する。

「それはないでしょ!梅酒だけ特別扱いなんて聞いてないです!今回は1ポイントです」

 

しかしこれがきっかけで二人口論になってしまった。1ポイントか2ポイントか。

どちらも譲らない。罰ゲームは嫌だから。

このままじゃらちがあかないので、店長の意見を仰ぐことにした。

 

「店長聞いてください!梅酒の一升瓶を割ったんですけど、これは1枚とカウントしていいんですよね!先輩が2ポイントつけろって言うんです!」

 

と聞くと

 

店長「なに!梅酒を割った!?もったいないことを!3ポイント書いとけ!」

 

 

Σ( ̄ロ ̄lll)

 

 

皿割りランキング、只今一位を突っ走っております。

今月は出費がやばいかも。

 

| コメント (3) | トラックバック (0)

2007年3月20日 (火)

パソコン

 

パソコンは健康に悪い。

オンラインゲームや、面白いサイトにでもはまったらすぐに夜を明かしてしまう。

 

この春休みはパソコンばっかりやって過ごしていました。片時も離したくない無二の親友。

 

 

そのくせ将棋を指したり大学に行ったりと朝から用事があるものだから最近は眠くてしょうがない。

もうすぐ新学期も始まるし、パソコン、ちょっと控えます。

 

 

今日、ドリンクを作ってたら

「ウイスキーw」

と書かれた伝票が出てきた。

 

これって、チャット文字みたいだね~ってホールに話かけたら

 

「それ、ウイスキーのダブルってことですよ」

 

と返された。

 

わかっとるわそんなもん。

 

| コメント (3) | トラックバック (0)

2007年3月18日 (日)

秘密のメニュー

 

先日、岡山の土間土間(居酒屋)に行ったときのこと。

 

そこでは、「秘密のメニュー」なるものがあった。

 

「秘密のメニュー」を注文すると、何かの料理がくる。

ただ、何がくるかは秘密。

 

その時は酔ってて幸せいっぱいだったので、2品注文した。

蓋を被せられて運ばれてきた「秘密のメニュー」は・・・

 

忘れた。

 

 

ただ、冷静に考えると、「秘密のメニュー」って単に店側の在庫処理ではないのか。

 

バイト「店長!秘密のメニューが通りました!今度は2品です」

店長「今日は豚肉とキャベツが余ってるなぁ。捨てるのももったいないし、焼きそばでも出しとくか!」

てな会話があったのかもしれない。

酔ってて右も左もわからない輩なら注文すると踏んでるのか。

土間土間には一杯食わされた感がある。

 

でも「秘密のメニュー」っていいね。名前がそそる。

在庫処理でもいいから頼んでみたい。

 

 

世の中、「秘密のメニュー」が蔓延ると、

 

スーパーの「秘密のメニュー」は期限切れの牛乳。

本屋の「秘密のメニュー」は3週間前のジャンプ。

 

ということになるのか。

 

そんな「秘密のメニュー」は勘弁してほしいと願いながら明日も前向きに生きます。

 

| コメント (4) | トラックバック (0)

2007年3月16日 (金)

Aくん

 

バイトの同僚Aくんは、仕事で料理を作るのは遅いのだが、自分のまかない(食事)を作るときはすこぶる早いことがわかった。

同じ料理を作ってるはずなのだが、まかないの時は倍くらい早いスピードで作り、完璧に盛り付け、いいよとも言ってないのに勝手に余ったサラダを貰い、ドレッシングまでつけて持っていく。

この手際のよさと図々しさはすばらしいです。

 

 

ファミスタで、普段はとろとろ走るくせに、アウトをとられると5倍くらいのスピードでベンチに戻ってく選手と似ている。

 

 

おまえはもっと本気を出せと言いたい。

 

あと、僕もサラダ食べたい。余りものでもいいから。

 

| コメント (1) | トラックバック (0)

2007年3月15日 (木)

発見

 

携帯からこのブログが見れることが判明。とてもうれしい。

 

ソフトバンクは対応してないのか、今まではこのURLを打ち込んでもページエラーが出るだけだった。

 

ずっと諦めていたのだが。

 

どこかのリンクから飛ぶと、ページサイズが異なるせいか、ソフトバンクの携帯でも表示される。

 

教えてくれたドクターKさんどうもありがとうございます。

ちなみに携帯から見れるようになったからといって更新頻度は変わりません。

 

 

なんで今までリンクから飛ぶことに気づかなかったのだろう。

URLを入力しても見れないんだからもうダメなんだろうと思ってた。

物事はもっと多角的に考えなきゃいけないですね。

  

 

 

これはつまりあれですね。

横から見てずっと正方形だと思ってた形が、縦から見ると円で、実は正方形でなく円柱だったみたいなかんじです。

 

 

もしくは、ずっとカンガルーだと思ってた動物が、近くで見てみると、実はワラビーだったみたいな??

 

思い込みはいけないと感じた今日の出来事。

 

言葉拙く、うまく表現できませんが、ようするにカンガルーがワラビーだったんです!

携帯から見れてうれしいです!

 

| コメント (3) | トラックバック (0)

2007年3月13日 (火)

 

新しいゼミでの飲み会に行ってきた。

 

お酒は控えろって言ってるのにまた浴びるほど飲んできた。

 

女子生徒に、「服を脱げ!」としつこく迫ったら本気で嫌われてしまった。

 

このメンバーとこれから一年一緒に勉強する。

始まってもないのに気が重いです。

 

さすがに最近は酒の飲みすぎなので、家で飲む分にはビールや焼酎は控えて、ウイスキーをコーラで割ったコークハイにしてます。体を気遣って。おしゃれでしょ。

 

| コメント (4) | トラックバック (0)

2007年3月12日 (月)

ガビーンアテンダント

 

「ガビーンアテンダント」というギャグを思いついたが、一生口に出す機会はなさそうなので忘れる前にここに書いておく。

 

ふいに思いついてはツボにはまって一日中笑ってたら日が暮れた。今日は日曜日だったか。

 

大学生の長期休暇らしい過ごし方だった。

 

最近の将棋の不調はどうもこのへんに原因があるような気がする。キリンが近いよ。

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

2007年3月11日 (日)

キリスト教会

_049 

 

本日のキリスト教会。

 

 

こういうの好きです。

屋根はトタンで戸は引き戸、新聞配達所みたいなキリスト教会。

キリストも生きてたら笑ってくれたかもしれない。善通寺まで来ないと思うけど。

 

教会というより、寺主が住んでる家みたいだ。

十字架も、背景と重なって城みたいに見える。電線とかよく見るとおもしろい。

 

香川にはデジカメを持参したのだが、すっかり忘れてた。最終日に気づいて、何か撮ろうと探したが、いい景色がなかったので目についたこれを撮ったという次第。

デジカメ形無しです。

 

ほんとは金比羅山とか撮りたかった。

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

2007年3月10日 (土)

ツンデレ

 

何が腹立つって、態度の悪い客ほど腹が立つことはない。

今日も居たそんな客。

若い女性組なんだけど、料理を持って行っても、「あ、適当に置いといて」

飲み物を持っていっても、「これマズイ。もういらない」

下げ物はあるかと聞くと、「これとこれ。食べないから持ってって」

 

ツンツンしてるというか。どうよこの態度。おまえらは何様なんだ。お嬢様か。

別に僕に感謝しろとは言わない。でも、食べることにありがたさを感じてしかるべきだ。料理を残すなんて、農家の人とか牛とか豚とかに申し訳ないとは思わないのか。

育ちが悪い奴らはこれだから困る。あーむかつく。

 

そいつらの精算には僕がレジをしたのだが、ホットペッパーを出してこれで割り引いてくれと言われた。

ただ、うちの店、一人2000円以上の飲食じゃないと割引できないんですよね。

で、これは使えませんと断ったが、しつこく食い下がるので、

「じゃぁ今回は特別に500円だけ割引しますね」と折れたところ、

「やった~ありがとうございます!すごいうれしいです!また来ますね~」

と言って帰って行った。

 

最初はツンツンしてたのに。

初めてツンデレを体験した金曜日。

 

なんか、こういうの悪くないかもしれない。

 

ツンデレカフェ流行るのわかる。でもこれって客と店員逆じゃないか?

 

「別に・・・ありがとうだなんて思ってないんだからね!」

とか言われるとなおいいのかもしれない。

 

そんな店、誰かつくってみては。僕行きますよ。

 

 

| コメント (2) | トラックバック (0)

2007年3月 9日 (金)

香川

 

宇野からフェリーで高松に向かう。

追い風どころかとんでもない向かい風だった。

甲板に立って風に快感を感じてると、女性組に写真を撮ってくれと頼まれる。

この風じゃまともな写真なんか撮れないよ。危うくデジカメを海に落としそうになる。

 

高松から電車で善通寺に。初の香川は閑散としていた。

しばらく歩いて四国学院大学に到着。スケジュールを大幅に遅れさせてしまったが、何食わぬ顔で個人戦に参加。

初日はそのまま将棋と麻雀に打ち込んで4時ごろ死んだように就寝。

 

二日目。

 

「起きてください。対局ですよ。」と起こされる。

顔も洗わず歯も磨かず朝食も食べずにいきなり将棋を指すと大駒一枚弱くなることを発見。当然のようにサンドバックにされた。

しばらくして団体戦が始まる。が、時間の関係上、三人一チームでのリレー将棋に変更された。リレー将棋は得意だ。自分が悪手を指しても他の二人がカバーしてくれるし。なんてったって負けても人のせいにできる。

僕のチームは他の二人も強かったので、総当りして2位の成績だった。

夕方になって、食事と酒の買出しに善通寺のスーパーまで行く。弁当を14個買占めたらレジの人に不気味がられた。ポイントカードを作った方がいいと勧められたが、もう来ないような気がするので遠慮した。

宿舎に帰って飲み始める。旅行すると疲労が溜まるせいか、また激しく酔ってしまった。

しかしここで潰れては何しに来たのかわからない。平静を装って気合で将棋を指す。

O野、S鉢くん、H川さん、S條くん、Oさんら滅多に会えない強豪たちとたくさん指した。

4時ごろ死んだように就寝。

 

三日目。

 

よく考えたら、香川に来てうどんを食べてないことに気づいて慌てる。動物園に行って動物を見ないで帰るようなものだ。よくわからないけど。

選手を強制的にうどん屋に連れて行く。

おいしかったです香川のうどん。こしがあって。量も多いし。それに安い。本場だからとお好み焼きに1000円近く払わすせこい県に見習ってほしい。

うどんを食べたことで今回の遠征はほぼ終了。

善通寺~坂出~岡山~広島と帰る。瀬戸大橋線って海の上通るの一瞬だね。

 

遠征の後というのは、刺激されて将棋に打ち込みたくなるもの。

もっとがんばらなきゃいけない。強くなってみせる。とさっそく将棋センターへ向かう。

2局ほど棋譜を並べたら飽きたので帰宅。

4時ごろ死んだように就寝。

 

というかんじでした。有意義な時間を過ごせて楽しかったです。

今回の遠征では

  • 体調と相談して酒を飲まないとひどいことになる。
  • そんなに落ち込むほど将棋が弱いわけじゃない。
  • けっこう口が悪い。

ということに気づきました。これからもよろしく。

 

| コメント (1) | トラックバック (0)

2007年3月 8日 (木)

帰広

 

帰ってきました。

岡山と香川、とても楽しかったです。

 

一つ学んだのは、「お酒は調子に乗って飲むものじゃない」ということ。

 

八剣伝の裏にきれいな草が生えていたら僕のせいかもしれない。

 

 

将棋の内容も満足できます。

最近の不調ぶりはとれたのか、かなり勝ってきました。もちろんみなさん強かったですが、少し将棋に自信のついた遠征になりました。

 

初日、岡山での出来事をおおまかに振り返る。

 

電車で2時間ほどで岡山に着く。

泊まる先の友達にご飯をおごり、家に荷物を置きに行く。

岡大将棋部に遊びに行く。広大の部室はわからないけど、岡大の部室には行けてしまう。

前も行ったが、岡大の部室は雰囲気がいい。

腐ったバナナが置いてある岡大将棋部。「打姫オバカミーコ」が揃ってる岡大将棋部。いいね。最高。

7時から飲み。上述のとうり一次会でくたばってしまった。もっといろんな人と絡んでおけばよかったと後悔。

2次会ではだいぶ気分も回復したのでひたすら会話に割って入った記憶がある。少ない株を更に下げることに成功。もうどうにでもなれ。

けどやっぱり酒が残ってて、解散後、深夜の街を女子部員のみなさんに先導されながら家まで送ってもらうという男として情けないシチュエーションを作ってしまった。いやほんと申し訳ないです。

友達の家では死んだように眠って、翌昼、テレビつけっぱなし、タオル借りっぱなし、ゴミ散らかしっぱなしで帰った。もう泊めてもらえないかもしれない。

昼に岡山を出て香川に向かう。

ところが、強風のため瀬戸大橋線が運行停止になり、宇野という港でフェリーに乗るため足止めをくってしまった。

強風で電車が止まってるのに、船は出ることに疑問を感じながら。追い風で早いということかもしれない。

宇野は寒かったです。

次回、香川編。

 

 

岡山、香川と旅して、いろんな人にこのブログを読まれていることが発覚。赤面。

書くのがつらいなぁ。

もっと良識のある文章を書くよう工夫するが、結局このていたらくなスタイルに落ち着く。

 

| コメント (1) | トラックバック (0)

2007年3月 4日 (日)

出発

 

日曜から水曜まで香川は善通寺である交流戦に参加してきます。日曜は手始めに岡山を攻めます。

最近、将棋の不調にターボがかかってきてますが、遠征する以上悔いの残らない将棋を指してきます。

というわけでしばらく更新できないかもしれませんがよろしく。岡山では友達の家に泊まるのでもしかしたらできるかも。

 

 

あぁ~明日の今頃は~僕は汽車の中~

っていう歌がありますよね。

明日の今頃は酒で潰れてると思われます。自慢の肝臓も病み上がりではつらい。

ちなみにあさっての今頃も高い確率で同じ状況です。

これ歌にしたいね。

 

| コメント (4) | トラックバック (0)

2007年3月 3日 (土)

人生理不尽

 

見るからにむさい男性二人の席に料理を持って行ったらさぁ。

「女の子に人気のカクテルって何かな?」って聞かれちゃって。男二人なのに。

で、「う~ん。。。こちらですかねぇ」と適当なもの指して答えたわけ。

それを作ってまたそいつらの席に運んだら。

「あ、それはあちらの女の子にあげて」って言われるわけ。

あちらのなかなかべっぴんさんの女史二人の席に持って行けと。

 

うわ~今どき寒いことするな~ってかんじ。

女史たちも「え~困りますよ~」てな反応で。そりゃ困るだろう。むさい男だし。

 

それからしばらくはキッチンに入ってたんだけど。

またホールに出てみると、いつの間にか男二人が席移って4人で飲んでるの。すごい和気あいあいで楽しそうに。

「え・・・あれ成功したの?・・・」って思っちゃったよ。

そのまま女史はお持ち帰りされました。

 

なんか、女を落とすのなんて簡単だなぁと思った今日の出来事。

牛乳でも勧めとけばよかったよ。

 

 

ちなみにこの変な口調に意味はありません。

 

| コメント (5) | トラックバック (0)

2007年3月 2日 (金)

ベンチ

 

心安らぐ場所というのは誰にでもあるだろう。

 

街に出るときによく広島城の堀の周りを通る。そこにベンチがあるのだが、ここで城を眺めながらボーっとするのが好きなんです。

ボーっとするのはある種特技みたいなもので、いつでもどこでも意識しなくてもボーっとしているのだが、ここのベンチはまた格別だ。

澄んだ空をバックに広島城、堀、集まる鳥などを見てると、些細な悩みなどどうでもよくなってしまう。心洗われるような場所。

 

ここは基町高校が近く、体育や部活などでよくマラソンコースとして使われる。

ベンチで休んでいると、何人もの生徒が目の前を走っていく。それを見るのもまた好きだ。先頭に追いつこうと必死に走る子、追いつかれまいとさらにスピードを上げる子、苦しそうな表情をしながら走り、ボケーっと座っている僕をうらめしそうに見てくる子など。

10分もすると1周してまた出会う。そこでは順位が変わっていたり、生徒たちの疲れが見えたりとまた違った楽しみがある。

 

でも、通るたびにニヤニヤ見ていては生徒たちからの視線が痛い。

中には走るのが嫌いなのに体育の授業で無理矢理マラソンしている子もいるだろう。申し訳ない。

 

以後は、ボケーっと座っていても、生徒たちが目の前を走って通るたびにキリッとした表情をしています。

 

| コメント (3) | トラックバック (0)

« 2007年2月 | トップページ | 2007年4月 »