« 2007年11月 | トップページ | 2008年1月 »

2007年12月31日 (月)

 

久しぶりの更新。

年末の居酒屋はハンパなく忙しかった。ブチ切れたり泣きそうになったりした。

今日の仕事で今年は終了。またすぐ新年会シーズンです。

 

飲み屋でトイレに行くとき、行きしなは店員が道を教えてあげるので問題ないのだが、帰りで迷子になってしまう人が多い。店員としてもどの席だったなんていちいち覚えてないし、酔ってるのも合わさって自分の席に戻れなくなってしまう。

 

今日、どこから見てもオタクっぽい人が、トイレから戻ろうとして自分の席がわからなくなってうろうろしていた。

どうするんだろうと思って見てたら

別席の美男美女ぞろいの美容師集団の中に入っていった。

 

いやいやいや!ちょっと!お客様!?そこは絶対違います!

 

 

 

 

 

今年の更新もこれが最後です。だいぶ方向性が定まってきました。無念です。

来年も続けていこうと思いますので、よろしくお願いします。

では、よいお年を。

・:*:・゜ ★,。 ・:*:・゜☆‥∵:*:☆*゜★。::*☆

| コメント (3) | トラックバック (0)

2007年12月26日 (水)

ユニクロ

 

先日、大学の合宿に参加したときの話。

 

風呂から上がり、ジャージに着替えて大広間でみんなと談笑してたところ

韓国人の友達がいきなり僕を指さして高いテンションで言ってきた。

「あ!それユニクロでしょ!」

大声。

「その服ユニクロでしょ!見たことある!ユニクロで買ったでしょ!」

片言。

 

まぁ君の祖国ではユニクロの服だと連呼しても特に問題はないのだろう。

でも、ここは日本。ほら周りをごらん。全部は言わないが皆どことなく笑ってるでしょ。

オレがキミに何かひどいことでもしたか?黙っててくれよ。

 

だいたい、このジャージはユニクロといってもRight-on提携の季節品であって、防寒性から値段もそこそこしたんであって、ズボンにもほらブランドメーカーのロゴが、いやもう、なんて言おうか、その、つまり、

 

はい。ユニクロです。

 

| コメント (2) | トラックバック (0)

2007年12月25日 (火)

ブログ

  

最近ふと思う。ブログの意義って何だろう。

他人のブログを読むと、その日の行動や生活の様子を書いている。

 

あぁそうか。ブログって自分の情報を発信するツールなんだ。

「今日は~~をして~~をしました。明日の予定は~~です」ということをウェブ上に公開することで、遠く離れた家族や友人に自分の生活を知ってもらう。安心させる。

規則正しい生活をしてるな。最近忙しそうだな。毎日が充実してるんだな。

こういったことをブログを通じてわかってもらうことで、めったに会えない人でも身近に感じることができる、というのがブログの本来の使い方ではないか。電話や携帯では代替できないこと。

そう見れば、他の人はブログを実によく使いこなしている。その人の生活がよくわかる。

一方で僕のブログではコーラがまずいだの自販機が不満だの、全く意味のない情報ばかりで、本人の行動や予定を伝えることができていない。

「更新してるから生きてはいるみたいだ」としか伝わってないと思う。今日僕が何をしてこれからどうするかということは全く発信していないから。

例えれば、他の人のブログでは修行やらボール集めに奔走してるのに、僕のブログはカメハウスのシーンのようなもので、いつまでたっても展開が先に進まないということか。

 

一年半も書いてるのに、今さらこんなこと思ってます。

 

 

今日も、和式便所についておもしろい考察を書こうと思ったけど、何となく自粛します。

 

| コメント (2) | トラックバック (0)

2007年12月23日 (日)

過程

 

マンガ喫茶でコーラを入れようとすると、黒い液体と透明な液体がコップに注がれる。

気持ち悪い。

透明なやつは一体何だ。自白剤とか飲まされてるんじゃないか。

 

黒いやつ、ちょっと来い。

おまえはコーラだよな。うん。戻ってよし。

 

おい透明なやつ。

おまえはおかしいだろ。コーラには入らないだろ。

 

完成して出てくるようにすればいいと思うのだが、なまじ過程が見えてしまうので余計な不安が募る。

相乗効果でおいしくなる、とかだとわかるが、マンガ喫茶のコーラはすこぶる味が悪い。

ちなみにカルピスでも同じ現象が起こるが、あれは水なら納得できる。まさかコーラにも水が?

 

 

昔のこち亀で、スパゲッティの自販機を設けたが、パイプから皿に出てくる動きがグロテスクだったのでボツになったという話があって、そんなかんじだなぁと思った。

 

 

「政治資金の透明性を!」とか「食品の安全性を!」とか躍起になってる人たちに

過程が見えないのも大事だよ、と説いてあげたい。次元が違うか。

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

2007年12月21日 (金)

 

アフリカに「ンジャメナ」という地名がある。

「ンジャメナ」の存在をして、しりとりは実質的にゲーム性を失っている。

 

しからば

 

「昨日は鍋食べたよ」

「鍋食ったのかよ!食えるわけねーだろ!」

という会話の成立は

 

ガッチャンの存在を持ってして破綻するべきではないのか。

 

 

 

 

今日、しょうもないあげ足をとられたので、ムキになって反論してみた。

 

ガッチャンってつおいんだよ。つんつん。

 

| コメント (1) | トラックバック (0)

2007年12月20日 (木)

自販機

 

自販機のお札入れるところって、台によっては引っ張りこむように強引に取っていくじゃないですか。

あれメッチャむかつくんですよね。

買おうか買うまいか、小銭で足りるんじゃないか、どれにするか、とかまだ考えている途中なのに勝手に吸い込んでいったりする。

「早くかせよ!バカ!」って言われてるみたいで。

おまえの判断で買わせるんじゃねーよと。

 

ふと、あの中には実はバイトが入っていて、台の中で金を受け取ってジュースをガッコンガッコン落としてるんじゃないかと思う。

それも、今時のチャラチャラした若者がやってそう。

 

持ってかれたお札が戻ってくる時は

「千円かよ!いらねーよタコ!」

とか言われてるっぽい。お釣りがめんどくさくて放棄してるのだ。正に今時の若者。

 

硬貨を入れたけど、そのまま素通りしてチャリンと落ちてくる時は

「いや、まだタイムカード切ってねーし」

なんて言われてる可能性大。

 

なんだよおまえその横柄な態度は。機械のくせに。

 

 

もしかして全く共感を得られないかも、というのは書く前からわかってた。

でも書く。

 

| コメント (1) | トラックバック (0)

2007年12月19日 (水)

お願い

 

「何かに呪われてるか」

という質問に強いて答えるなら、僕は「新幹線の中で本を読むことを呪われている」

 

今年は、東京、大阪に行くため、往復で4回新幹線に乗った。

移動中、ただ景色を眺めているのは退屈なので、いつも乗車前に手ごろな本を買って車内で読もうと思ってる。家にある本は読み飽きたので、駅前のコンビニか本屋で買う。読み終えたら、降車駅のゴミ箱へポイ。これが理想の「ゆとりライフ」です。

ただ、今年はそれがことごとく潰された。一回もまともに読めなかった。

東京(行き)
駅前のコンビニで、「この本であなたの人生が変わる」的なフレーズのおもしろそうな本(ビニール付きだったので中身の確認は無し)を見つけたので、買って車内で読んでみると、Drコパの風水ばっかりだったので、全く興味がわかず、読破を断念。

東京(帰り)
東京駅の本屋はあまりに人が多く、発車時間が近づいてもずっとレジ待ちだったので、購入を断念。

大阪(行き)
発車時間に遅れそうになり、駅前の本屋で適当に手に取ったメンズ雑誌(ビニール有り)を買ったが、セックス特集ばっかりだったので、隣席が女性だったこともあり恥ずかしくて1ページも読めず断念。

大阪(帰り)
簿記の試験が近かったので、「マンガで覚える簿記入門」みたいな本を買ったが、途中で数字に酔ってしまい、気持ち悪くなったので断念。

 

何の因果でこんな目に遭うかは知らないが、今年は道中の楽しみを毎回妨害されてしまった。全部自分が悪いという説もある。

 

 

ということで、初詣でお願いすることは決まった。

「新幹線の中で満足に本を読ませてください」です。

 

<神様各位>

「健康」とか「金儲け」だとか、そんな贅沢は言わないので、このくらいはぜひ。

 

| コメント (1) | トラックバック (0)

2007年12月18日 (火)

信玄

 

昨日の話。

大河ドラマが最終回だったので、最後だけでもと思って居間のテレビで観ていた。

が、途中で寝てしまった。

その間に「風林火山」の方は終わってしまったらしく、親父が9時からの「信長特集」の番組にチャンネルを変えていた。

 

たしか、信玄と謙信が合戦やら作戦会議やらというシーンで寝たと思ったのだが、起きたら本能寺に火の手が上がっていた。

しばしギャップに戸惑って、まだ夢の中だと思ってしまった。

 

 

 

 

武田信玄の最期って、元々身体が弱かったせいもあり、天下統一の志半ばで持病に倒れたというのが一般的な認識である。

が、日本史の講義で教わったところによると、それには様々な諸説があり、実は病説も怪しいんだとか。

歴史資料を紐解くと、信玄公は生涯を通して病気とは無縁な活発な人間だったというものもある。

死の間際も、次なる遠征や兵力充実に奔放してたところ、翌朝になるとぽっくり逝ってしまってたという。

突然な死に、毒殺や家臣の裏切りも疑われたが、不穏を無くそうと持病説を持ち出したとする解釈が有力であるとか。

いずれにしろ、歴史にロマンを求める僕としては、そういう不可解な展開の方が心ときめくので、後者の解釈を推したい。

ただ、信玄クラスの政治要人が何の前触れもなくぽっくり逝ってしまうのはおかしい。暗殺も難しいだろう。

なので、自分なりの解釈を紹介して、これからも大好きな戦国史を勉強していきたい。

 

 

「神様の消し忘れ説」

 

 

-ロウソクの前を定期巡回する神様-

 

「やっべー!信玄の火まだ点いてんじゃん!」

 

「ふっ!」

 

「あっぶねー。もうちょっとで天下とっちゃうとこだったよ。信長だって決めてたのに」

 

 

いかがでしょう。この説。

 

信長の火はその後、側近のを消そうとして、くしゃみかなんかの不注意で一緒に消してしまったっぽい。

 

お酒が入ってるのでこの辺で。反論は受け付けません。

 

| コメント (1) | トラックバック (0)

2007年12月16日 (日)

運転手

 

高速道路の途中にあるサービスエリアでバイトしている人達って、どうやってそこまで通ってるのかなと思う。

そりゃ車で通ってるんだろうけど、出口から遠かったりしたら、雨風がひどくてもいちいち高速に乗ってバイト先まで行き、トラック運転手たちを相手に何時間も働く。帰りはもちろん真っ暗。

バイトってそこまでするものかよ。

 

 

。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

 

 

僕はバスに乗るとき、できれば運転席のすぐ後ろに座りたい。たくさんあるボタンやスイッチの操作を見るのが好きなんです。昔から見てきて、だいぶわかってきた。

運転手の右手、窓の下にある黒いボタンは案内用のテロップで、あれを押すと「ピンポーン。次は○○です」と流れて、運賃表も変わったりするのだ。

今日も後ろの席に座って面白そうに眺めていると、運転手のおっさんが肘をついた拍子に誤ってボタンを押してしまい、二つ先のテロップが流れてしまった。

 

慌てるおっさん。でもハンドル操作は怠らない。

 

あぁ困ったね運転手さん!いったいどうするの!?

 

と思ってたら、普通にマイクで訂正していた。冷静だ。

 

僕はテロップを押し続けてもう一周させるしかないと思って、高速で変わる電光掲示板をわくわくしながら凝視してたというのに。

 

なんとなく人生の難所をくぐり抜けるのはそのおっさんで、僕はそうではない種な気がした。

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

2007年12月15日 (土)

プチ特技

 

スーパーのレジが混んでる時、次にどのレジが最初に空くのか当てることができる。

 

いやいや、すごいことなんですって。

例えば、近所のMARUNAKAなんか、いつもレジに二人は並んでいる。

僕はその後ろをゆっくり往復しながら、会計の残り時間やカゴの中身を瞬時に計算する。

「あと1分はかかるな・・・」     「少ないぞ!残り30秒!」

「奥から3番目のレジに並ぶと早いな」

↑こんなかんじですね。(※店員の手際の良さは一律とする)

勘だけじゃない、計算と経験の集合体で培われた才能です。

 

 

ただ、こんなことは誰もがしてることなので、いつもジュースやらお菓子やらでせいぜい2~3品しか買わない僕の後ろにはすぐに人が並ぶ。

「あの子の後ろなら早いわ!」と思われてるのだ。

そう思われるのは本意ではないが、財力ではまだまだ大人には敵わない。

 

店員も、次に待ち構える「大物」(カゴ2個くらい)のためのウォーミングアップ的な扱いで僕の会計を処理してるかんじだ。

 

悔しいので、寸前までカゴに鞄を入れてたり、商品を縦に重ねて後ろからなら大量に見えるようにしたりと、いろいろ策は打っています。

 

| コメント (2) | トラックバック (0)

2007年12月14日 (金)

漢字

 

学校での話。

 

珍しくマジメに授業を聞いてたら、環境学の権威であるはずの某教授が

「であるかして、衛生設備の整わない途上国では伝染病などのしつびょうが・・・」

と言っていた。

 

「しつびょう!?しつびょうって何!?」

 

もっかい言った。

「しつびょうの蔓延は看過できない課題であり、我々は・・・」

 

 

うわぁ。。。

この人、「疾病」のこと「しつびょう」って言ってる。。。

 

この教授はこれまでどれだけ恥をかいてきたのかと思うとかわいそうになります。まだ間違ってるとこをみると誰も指摘しなかったみたいだ。

 

かわいそうな教授は「この一節は私も学会で発表したことがあります」と言っていた。ズッこけた。

クリスマスプレゼントあげるなら、「漢検DS」だなと思った。あげないけど。

 

かくいう僕も、プレゼンの席で「凡例」のことを「ぼんれい」と言ってしまい、一同失笑に遭ったことがある。

「年俸」を「ねんぼう」と言って、みんなの前で訂正されたこともある。

 

漢字間違いなんて誰にでもありますよ。

 

 

 

 

 

 

 

 

笑って読んでる読者のあなたたちも間違ってただろ。認めろよ。

 

ほらほら、今からYahoo辞書開くんだろ。

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

2007年12月12日 (水)

ネズミ

  

バイト先での話。

 

うちの居酒屋ではネズミが多く、いつも食材の被害に遭っている。

最近になって、彼らの態度が一段とふてぶてしくなってきたので、ついに店長が対処に打って出ることにした。

最新の駆除機でも導入するのかと思ってたら、店長は大きな板に袋と留め金をつけて、先に三角チーズを固定したものを即席で作って持ってきた。

それを「ネズミ捕り」だと言い張った。

開いた口が塞がらない。

 

ちょっと待ってください店長と。ネズミって賢い動物なんですよと。そんなトムとジェリーに出てくるような古典的な罠で現代のネズミが捕まるわけないでしょうよと。

別にネズミ論者なわけじゃないが、あまりのバカバカしさに思わず反論すると、これでバッチリ捕まるはずだという店長と口論になった挙句、「一匹でも捕まったらジュース一本」という賭けになってしまった。

100%勝ちだと思ったので、賭けに乗り、罠を設置して一日置く。

 

次の日、店長と一緒に出勤して、「せーの」で覗いてみると

 

 

 

 

四匹捕まってた。

 

 

 

流行になんぞ乗るものかと堅く誓っていたが、今年も暮れになって初めて「どんだけー!」って言った。

 

ジュース4本は高くついた。

 

 

結局、四匹のミッキーたちは無事に処分されました。まだ大勢いるんだけど。

 

来年もろくでもない年になりそうです。

 

| コメント (4) | トラックバック (0)

2007年12月11日 (火)

夢診断

 

「夢診断サイト」というのを見つけた。

自分が見た夢で、性格を判断したり、将来を占ったりできるらしい。

「空を飛ぶ夢」をよく見る人は~~だとか、「追われる夢」を見たら~~だとか勝手なことを言われる。

 

面白そうだからやってみようと思ったが、自分の見る夢はいつもパワフル全開なので、うまくカルテに書けない。

 

ちなみに本日見た夢は

朝起きたら、ウサギ耳になっていて、恥ずかしいー!どうしよー!と思いながらも街に出ると、みんな耳のことを指摘しないのでホッとしてたら、ウサギを狙う悪の組織に追われて捕まってしまい遠い異国に連れて行かれるが、そこでウサギさんパンチやウサちゃんチョップを駆使してなんとか家に帰る。

という夢でした。起きたらアドレナ指数のメーターが振り切れてた。

 

こんな夢でも、がんばって、「動物に変身する」や「敵に追われる」などのキーワードをミックスして診断してもらった。

 

「あなたは情緒不安定です」とか言われるのかと思ってたら

 

 

「結婚願望があります」と返ってきた。

 

こんな夢をどう診断すると結婚につながるのか全く理解できないが、願望がないと言えば嘘になる。

なんか詐欺っぽいサイトです。ウサギだけに。

 

 

| コメント (1) | トラックバック (0)

2007年12月10日 (月)

くしゃみ

 

風邪をひいた。くしゃみと鼻水が止まらない。

 

 

女の子って、くしゃみをする時、「くしゅん!」って小さく言うじゃないですか。

 

僕もあんな上品にくしゃみをしたいのだが、何度挑戦してもできない。

 

無理だ。あれは本当にくしゃみをしてるんだろうか。かわいさのアピールにわざとしてるんじゃないか。

 

「くしゅん!」って言ってみたいです。

 

くしゃみなんて出そうと思って出るもんじゃないので、風邪をひいたこの機会に一生懸命練習してみます。

 

気持ち悪いことやってんなぁと自分でも思います。

 

 

 

忙しい師走の背に言いたいことは以上です。

 

| コメント (1) | トラックバック (0)

2007年12月 5日 (水)

ATM

  

本日のかなり恥ずかしかったエピソード。

 

学校で、ATMを利用しようとしたら、先客が中に居た(気がする)ので、ボックスの横に並んで待っていた。ここのATMは後ろが壁なので、利用者は横に並ぶようになる。

 

待てども待てどもなかなか出て来ないので、「後がつかえてんだよ!」としびれを切らせて中を覗いてみると、誰もいなかった。

 

あれ。。。

 

さぁここでどうやってボックスに入るか長考したいのだが、後ろも待っているので、リンチ覚悟で颯爽とドアを開けて入ってやった。

突き刺さる後続の冷ややかな視線。

出るときは列とは逆方向にダッシュ!

 

これが精いっぱいのできることです。

 

 

こういう時ってどうしたらよかったんですかね?誰か教えてください。

 

 

今にして思えば、「中の地縛霊を葬ってくるので」と言うのがBLEACHっぽくてかっこよかったと思う。

 

ダメだ。機械音を聞かれたらアウトだ。

 

| コメント (2) | トラックバック (0)

2007年12月 4日 (火)

バス

 

最近のイラついてること。

 

自転車が大破してからというもの、街に出る際にはバスを利用している。 

ただ、自分の住んでる団地にはご高齢の方が多いので、家の前から乗るときには、いつも大量の年配方が乗車する。

 

彼らの乗車、降車が遅い。遅すぎる。

バスが停まっても後ろの席からノロノロとやってきて、両替を始める。ゆっくり小銭を入れてまたカメみたいなスピードで降りていく。

 

僕も、バイトや所要で急いでいることが多いので、たまに暴れそうになるくらいイライラするときもある。

そのくせに、降車ボタンを押すのは早い。まだテロップが流れてないうちにピンポーンと。なんでそこだけ無駄に早いんだ。

こんなこと言っちゃいけないとは知ってるのだが、「次回からはタクシーに乗ってください」と言いたい。

 

 

 

さらに言えば、途中で「市民病院前」という、みなさん降りてくださいよといわんばかりの停車駅があるので、そこではバスの常識を覆すほどのタイムロスが加わる。

 

「市民病院前」では、同じ路線のバスが3台並ぶことも珍しくない。

 

| コメント (1) | トラックバック (0)

2007年12月 3日 (月)

タッチ

 

「タッチ」の話題になったとき、交通事故で死んだのが達也だったか和也だったかが即座に思い出せない。

 

達也だったと思うけどなぁ。。。和也だったかも。

      ↓

達也でしょ!達也の「た」で「タッチ」なんだよ。和也だったら「カッチ」になっちゃうよ。

      ↓

なるほど、そうか。でも、達也の「た」で「タッチ」なのはわかったけど、じゃぁ生きてるのが達也なの?死んだ方が達也なの?

      ↓

そりゃ生きてる方が達也でしょ!死んだ人を主人公にするわけないもの!

      ↓

ちょっと待て!じゃぁ「幽遊白書」はどうなるんだ?

      ↓

それはそうだけど。。。でもやっぱり達也だよ。間違いない!達也が死んだんだ!ん?違う、あれ??

 

 

 

脳内でこういった経緯を辿って、やっと「死んだのは和也」だと決断するのであります。

タッチの話になったときは毎回スタートで遅れをとってしまう。

 

 

やっとこさ話に参加できるようになったころには、すでに「H」の話題に移ってたりする。

 

| コメント (2) | トラックバック (0)

2007年12月 2日 (日)

無駄

 

昨日は昼からの授業だったので、それまで本通りで友達と買い物をしてると、何やら警察がたくさんいて、テープを貼ったり鑑識を呼んだりしていた。

食い逃げ犯でも捕まったのかと思ってたら、なんと通り魔事件だった。怖い!

 

 

何を話そうか。

 

 

 

「鮭」と「シャケ」って特に違いはないということをこないだ知った。

 

そりゃないだろーと思う。

自分のようにキャパシティの乏しい頭だと、こういった余計な言葉を覚える余裕はない。

「鮭」という単語を知らずとも、「シャケ」だけで一生不都合なしに生きていけるなんてあんまりだ。じゃぁどっちかなしにしてくれよ。

無駄な単語を一つ覚えただけで将棋の定跡なんかがどこか抜けてしまったに違いないんだから。

 

 

無駄なものといえば。

パスタを食べるときなんかに出てくるあのスプーン。フォークで麺を巻くときにただ下から添える程度の役割しかないあのスプーン。

あれもいらないでしょう。みんな気づけよ。

ただ、存在的には相当な謙虚ですけどね。

 

| コメント (1) | トラックバック (0)

« 2007年11月 | トップページ | 2008年1月 »