« 2008年4月 | トップページ | 2008年6月 »

2008年5月31日 (土)

面接

 

この時期になると、同級生もみんな就活に忙しくなり、やれ受かっただのダメだっただのと慌しくなる。そういう雰囲気はキライだ。

就活といえば当然面接を受けるわけだが、結果が出るまで訳のわからんことをほざく輩がめんどくさい。

「こないだの面接、手ごたえあったよ」とか「面接でいい印象与えた」とか言ってくる奴のことだ。

 

正直、おまえの合否なんかどうでもいい。

そして、間違いを正すなら、面接でうまくいったとかいい印象だったかどうかは、向こうが決めることだ。おまえの判断ではない。

 

 

こういうことを言われるたびに、「よかったじゃん。受かってたらいいね」と返しつつ、裏のささべが心の中で「絶対落ちろよこのうぬぼれ野郎」と罵っている。

 

 

 

もちろん、妬みです。

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

2008年5月29日 (木)

目撃

 

大学までは横川駅から出るバスに乗って行くのだが、駅の横に本屋があるので便利だ。

時間が余った時や帰宅途中にフラッと寄ったりする。

 

で、今日、友達から言われた一言

「昨日、○○さん(女性)が本屋でささべを見たって言ってたよ」

 

この間接的な○○さんの無言の圧力に青ざめるのだった。

 

 

昨日といえば、僕が本屋でいかがわしい本を穴が開くほど凝視していた日。それ以外に本屋には寄ってないし、他の本も読んでない。

 

バレたのか。

○○さんとは、街で見かけたらお互い声をかけるくらいの仲である。目撃しても声をかけなかったというのは、もしかして袋とじを隙間から見ようとしてたタイミングかもしれない。

 

「知らぬが仏」という感じ。ホント、昔の人はうまいこと例えた。

 

 

 

ただ、男も二十数年生きていると、「はい、いかがわしい本見てました」と言えるくらいにはなる。赤面するほどのことでもない。

 

| コメント (1) | トラックバック (0)

2008年5月28日 (水)

青天の霹靂

 

今日はバイトだった。

失礼、今日もバイトだった。

 

まかないの時間、先輩と一緒だったので、喋りながら食事していたら先輩がご飯を残していた。

オマエが言うなと言われそうだけど、先輩、つまみ食いし過ぎです。

 

ここは環境学部生らしくビシッと注意してやろうと思い

「食べ物残すなんて食糧難な途上国の人に失礼ですよ」と叱ったら

 

 

「途上国の人だって、食べきれない量出されたら残すでしょ」

と返された。

 

うん。確かにそうだ。

 

久しぶりに的を射た意見を聞いた。屁理屈ながら反論できない。

誰かこれを上回る切り返しを教えて。

以上、本日の「よく考えたらそうだね」でした。

 

 

 

 

 

 

はい。ご指摘のとうりタイトルで大風呂敷を広げたけど、内容はたいしたことないです。そんなことはわかってる。何年この日記読んでんの。

 

| コメント (1) | トラックバック (0)

2008年5月26日 (月)

香水

  

知り合いから香水を貰った。

でも、使えないのだ。

 

世の中の男に聞きたい。なぜ香水をつけるのか?

 

それは当然、「いい匂いを漂わせて、かっこよさをアピールしたいから」なんだろう。

 

しかし、その後のことは考えないのか。

 

例えば、キャンパスなんかで女の子とすれ違って、「あ、あの人香水つけてる」と気づかれたとしよう。たいていの男はここで思考が止まっていると思う。

しかし、その後のことはどうするよ。「あ、あの人香水つけてる」の後だ。

「かっこいい!」と思われるのならよしとしたいが、もしかして「似合わない!ダサい!」なんて言われてるかもしれないのだ。

つまり、香水をつけてる=カッコイイとは限らないじゃないか。女子は陰口言わすと怖いんだぞ。

僕なんかなまじ将棋が強いものだから、シチュエーションの先の先まで読みを入れてしまう。

「あの人香水つけてる。でももっと直すとこあるでしょ。アハハ」なんて言われるかもと思えば、とても香水なんかつけれない。

僕の中では、「変な匂いがする」と言われるのと「香水泣かせだ」と言われるのはどっこいどっこいぐらいだ。だったらつけなくてもいい。

 

皆様におかれましても、もう一度よく考えてみたら?

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

2008年5月22日 (木)

レストラン

 

「シェフの気まぐれサラダ」と「気まぐれシェフのサラダ」は同じように見えて違う。

前者は、サラダの種類が気まぐれで変化するのだが、後者は、シェフが気まぐれというのだから、気まぐれでサラダが出てこないかもしれない。気まぐれで定食になってしまうかもしれない。気まぐれで出勤してないかもしれない。そこんところを履き違えている店ってけっこうある。

 

昨日は、そんなメニューがありそうな、おしゃれスパゲッティ屋に行った。

ランチを注文したのだが、ここで事件が。

何度見直しても、メニューには「コーンスープ」がついているのに、運ばれたものは明らかにコンソメスープなのだ。

鳩が豆鉄砲を食らったような顔をする僕。

いやいやいや、コーンスープとコンソメスープは全然違うだろ。完全に意図的な犯行じゃないか。

こいつらナメてんのか?言い訳っぽさなどおくびにも出さないでいる。

 

警察に通報してやろうかと思ったけど、飲んでみるとコンソメスープが結構おいしかったので、満足したのでした。

 

でもほんとはやっちゃいけないことだよ。

 

| コメント (1) | トラックバック (0)

2008年5月18日 (日)

将棋

 

ブログを始めてもう2年が経ってしまった。

ひそかに数えていたカウントダウン。今日は自分へのお祝いとしてワンカップ大関を。

2年も書き続けるともうネタもなくなってくるので、今回は僕が将棋を始めたきっかけでも。

 

小2の時、親父に呼ばれ、「ピアノか将棋のどっちかを習いに行け」と迫られた。

親父としては、何か一つでも特技を身につけてほしいということだった。

僕は幼少時に喘息を患っていたので、スポーツなどは避け、なるべくインドアでと考えた結果、ピアノか将棋になったようだ。興味のある方を選べと。正直、「どっちも興味ねーよ」とは思ったのだが、選ぶまで開放されることはなかったように記憶している。

そして僕はピアノを選択した。理由は、なんとなくカッコいいから。

知り合いの家にピアノがあったので、試しに習いに行くことに。

習い始めの初日。さっそくピアノの蓋が指に向かって落ちてきた。

「トムとジェリー」のトムみたいな反応をしたのを覚えている。「フギャーォ!」みたいな。

そこでピアノが嫌いになり、消去法で残った将棋を選択したという訳だ。

 

そして今現在、その選択が正解だったのか不正解だったのかには大いに頭を悩ましている。

もしあの時、ピアノで指を挟まなければ、今ごろアマピアノ名人くらいは獲っていたかもしれない。

道場の先生に聞けばわかるが、将棋を習っていたと言っても、メキメキ頭角を現したということはなく、何の興味もなくダラダラと続けていたという感じだ。

囲いのバリエーションが美濃囲い以上に増えたのも、始めて5年くらいしてからだった。

とはいっても、なんだかんだで結局、将棋を続けているのはおもしろいからなのかもしれない。

2年の節目ということでちょっとセンチメンタルな感じになってしまった。

 

 

明日は月曜日、学校で怒られる日です。

よくわからないと思いますが、いろいろあって僕にとって月曜日は先生に怒られる日なんです。

 

| コメント (1) | トラックバック (0)

2008年5月16日 (金)

携帯革命

  

前回の続き。電話考察。

 

例えば、

「携帯変えました。登録お願いします。○○○@docomo・・・ 番号08012345678」

みたいなメールが来るでしょう。

すると、僕の携帯は不便なことに、メールアドレスはボタン一つで追加登録できるけど、電話番号を直接登録できないんです。いったんアドレス帳を開いていちいち打つハメになる。

これがめんどくさいので、僕の携帯に登録してある人には極力携帯を変えて欲しくないのだ。

新しい番号に適当に語呂合わせをして、それをつぶやきながらアドレス帳を開く。途中で不安になり、登録作業を中止してまた番号を確認したりする。そして間違えてたりする。

それはそっちの携帯の都合でしょという声も聞こえてきそうだが、ここで、この問題を解決する革命的なアイデアを提案したい。

 

「メールアドレスに電話番号を入れておく」

 

どういうことかというと、例えば「08012345678@docomo.ne.jp」みたいなメアドに変更してもらいたい。@より左は自分の携帯番号だ。

番号は千差万別なので、アドレスが他人と被ることはない。どうせ誕生日とか適当な数字をつけてるんなら、いっそのことこうしてくれ。そしたら僕も登録作業が楽だ。女の子とのアドレス交換の時も、メアドさえゲットできれば自ずと電話番号もゲットできる。いやらしい考えではない。

 

ね。このアイデアいいでしょ。みんなこうしよ。少数でやっても意味がないんだから。

 

 

 

 

 

こういうことを言うと、「それじゃアイデンティティの自失だよ」とか言い出す輩が必ず出てくる。

そういう奴は文句なしにぶっ飛ばすことに決めている。

 

| コメント (4) | トラックバック (0)

2008年5月14日 (水)

メールアドレス

 

別にもう断ることでもないんですけど

ここに書いてることっていうのはあくまで僕個人の意見ですので、批評やクレームはしないでね。

 

 

 

僕の中で気にくわない人間というのは、「メールアドレスとかに自分の誕生日を入れてる奴」です。

 

まぁ誕生日を入れちゃいけないというルールはないですけど、入れる必要はそれ以上にないでしょう。

何のつもり?

誕生日を自慢したいのか?

祝ってもらいたいのか?誰が祝うかそんなやつ。

 

アドレスを作るときに、アルファベットだけじゃ寂しいから数字もつけちゃえみたいなノリなんだろう。何の工夫もないしおもしろくもないし意味がない。

だいたい個人情報というのは軽々しく公表すべきではないというのが僕の考え。

一昔前だったら、「貴様、それでも武士か!」と刀を向けられていること請け合いである。

 

そういうセキュリティ意識の低い奴っていうのは、財布だって失くしやすいし、キャッシュカードの暗証番号だってどうせ誕生日の逆みたいな安直さだったりする。

 

まだ、ローマ字を逆にしてる人の方が好きだ。
「UORAT ARUMIK」みたいな。

これはこれでなかなかの浅知恵ではあるが、誕生日を入れてるよりはマシだ。

 

もう、アドレス交換なんかで誕生日が入ってたりすると、幻滅してしまって、赤外線通信完了の時点で削除してしまいたくなる。

 

以上、世の中の気に入らないことを斬ってみました。

 

 

自分のアドレス帳を見てみると、たいていの人が上記のアドレスに該当していることに気づく。たくさんの人を敵に回しそう。。。

 

 

でも、みんなのこと好きだよ。友達だもんね。

 

フォローしておく。

 

| コメント (3) | トラックバック (0)

2008年5月12日 (月)

ラブホテル

 

電車内で週刊誌を読んでいた。

右ページの将棋コラムをずーと読んでて、ふと左ページに目をやると、いきなりラブホテル特集になっていた。

どんな雑誌や!と突っ込みたくなる。

降り際に女子高生に一瞥されたような気がしたのでドキッとする。

 

 

行ったことはないのだが、本の情報によると最近のラブホテルって進化してるらしい。

インテリアや照明効果だけじゃなく、部屋にカラオケとかも付いてるらしい。

 

 

でも、スナックじゃないんだからカラオケは必要ないだろうと思う。

 

それとも、二人で歌い終わった後、「じゃぁ次はこっちのマイクでも握ろうか・・・」とかいう展開に持っていきやすいのだろうか。よくわからん。

 

 

 

嗚呼。。。当ブログはこういう下品な話はタブーだったのに。管理人自ら自滅。

 

 

今後はもう路線変更ですね。電車だけに。

 

| コメント (3) | トラックバック (0)

2008年5月10日 (土)

郵便屋さん

 

知る人ぞ知るが、僕の家は広島の中心部でもさらにど真ん中にある。家が最上階ともあって、ベランダからは広島城や原爆ドームが一望できる。

と、書くとさぞ都会っ子っぽいが、実家は県北のド田舎。まぁそれはどうでもいいが。

住んでるところは、アパートが20個近く乱立している住宅街で、部外者が立ち寄るとまず迷うであろう場所。不思議のラビリンスみたいな町に仕上がっている。

なので、郵便配達の人がいつも立ち往生している。

「どこだここは!?」みたいな様子で困り果てているのを幾度となく目撃している。樹海で迷った人か。

今日は、珍しく若くてかわいい女性の郵便屋さんが困っていたので初めて助けてあげることにした。

「これはあのアパートですね」 「近いから案内しますよ」なんて言ってたら、向こうも調子に乗って「これはどこだ?」「ここがわかんない」とか言い出した。一緒に投函して行くはめに。

「それはおたくの仕事では?」との疑問も抱えつつ、乗りかかった船なので案内しきった。

お礼にメアドでも教えてくれるのかと思ってたら、何もなしにさようなら。

まぁ普通はそうだな。ちょっとショックだったけど。

 

さすがの郵便屋さんも僕の想いはお届けできなかったみたいだ。

 

 

 

 

 

 

うまくまとめたようで全然うまくまとまってない。

 

| コメント (2) | トラックバック (0)

2008年5月 7日 (水)

無駄遣い

 

こんなの金の無駄遣いだろうと思うことはよくある。

本日はその中でもムカツキ度の高い二つを紹介する。

 

「薬局やドラッグストアにかかる照明費」

薬を売る店っていうのはなんであんなに眩しいほど蛍光灯をつけているのだろうか。虫でもおびき寄せてるんじゃないかと思ってしまう。もっと照明費を削って、余った蛍光灯なんかは西条の方の田舎にでも回してやればいい。7時ごろには真っ暗になるんだから。金の無駄遣い。

 

「レコーディングのためなど言ってハワイとかに行くアーティストの移動費」

いちいち海外に行くな。都内でやれ。音質なんかどこでも大差ない。絶対にレコーディングが終わってすぐ帰国するわけないんだろ。免税ショップとかワイキキとかで楽しんでるんだろ。そういうのはファンクラブ会費とかで捻出されてたりする。金の無駄遣い甚だしい。

 

 

全部書いたら、夜が明けてしまうので、この辺で筆をおきます。自分の財布に回ってこないからってねたんでるわけではないです。

と言えばウソになる。って、まぁ結局はねたんでます。お金ほしい。

 

| コメント (1) | トラックバック (0)

2008年5月 5日 (月)

電子レンジ

 

電子レンジを使いこなせる人はすごいと思う。

 

惣菜とか料理とか温めるとき、ベストな時間でチンすることができる人のことだ。

ちょうど良いホカホカ加減になっている。

僕は居酒屋でもう2年も働いているけど、この能力が全く身につかない。というか、初手合いの料理なんかどれくらいチンしていいのかわからないのが普通と思う。おまえはいったい何秒で満足してくれるのかと。

チンしてはまだ冷たくて、またチンする。結局、1分でよかったところを20秒×3回になったりして非常に効率の悪いことを繰り返す。レンジに入れたときと出したときでほとんど変わってないときも多々ある。

たまにいるでしょう。何分何秒まで正確に把握している人が。

あれはとても不思議だ。料理なんて温める時間は一定じゃないんだから。

そういう人は、才能の開花がちょっと違う方向だったら、プロ棋士になれたり野球選手になってたりしたんだと思う。そして僕にはその才能がない。

すごい特技じゃないか。

もっと自慢すればいいのに。

履歴書の長所の欄とかに書けばいいのに。

もっと胸張って生きればいいのに。

 

ちなみに、つぼ八のレンジが調子悪くなったのは、Aくんが冷凍グラタンを開封せずに5分チンしたからです。

僕はそこまでじゃない。レンジの中で「ボフッ!」とか爆発音がするほどじゃない。

 

| コメント (1) | トラックバック (0)

2008年5月 2日 (金)

コーヒー

 

ちくしょー。

 

今朝、駅前の自販機でコーヒーを買って取り出し口に手をやった時、缶が濡れていたため手がすべってしまい、すぐ前のドブ溝にコーヒーが落ちてしまった。もうベタ過ぎてマンガでも使われなくなったギャグをやってしまった。

 

100歩譲って、手をすべらしたのは自分の責任だとして、溝がある目の前に自販機なんか設置すんなよと言いたい。こういう目に遭ったのは大勢いるはずだ。もっと消費者の声を聞け。taspoとか導入してる場合じゃないだろ。訴えてやる。どこに?まぁ何とか省に。どうやって?それは、まぁ。。。話が脱線した。

 

要するに、モーニングショットを買ったのに、朝からテンションが下がったという話です。

 

 

一応、ドブ溝からは拾ってみた。まだ飲めるかなと思って。

結局、捨てましたけど。

 

「これがホントのブラックコーヒーだね」なんて笑いの一つでもとればまだ救われたのだが、当然周囲は知らない人ばかりなので言えるわけない。

 

| コメント (3) | トラックバック (0)

« 2008年4月 | トップページ | 2008年6月 »