« 2008年6月 | トップページ | 2008年8月 »

2008年7月30日 (水)

客足

  

反町隆史ってジャニーズだったのか。

なんか、自分の人生でもうこれ以上驚くことはないと思う。

反町でビックリのピークをむかえてしまった感。

 

 

 

 

僕の働くつぼ八は、コンサート会場が近いこともあり、ライブやイベントなどがあると客足に大きく影響する。人気歌手なんかが来ると、コンサート終了後の来店に備えてつぼ八も戦闘態勢にするのだ。

 

先日の仕事は、平日なのに従業員が多いなぁと思い、店長に聞いてみると、「今日は聖子ちゃんのコンサートがあるから」とのことだった。

 

いやいやいや、こないだのB'zのコンサートの時はノーマークだったじゃないですか。あの日、めっちゃ忙しかったんですよ。

との抗議をすると、「B'zは今ちょっと落ち目だけど、聖子ちゃん人気は未だにすごいんだぞ。とんでもない数の客が流れてくるから」みたいなことを言われた。

 

店長の勝手な芸能事情で忙しくなるのはやめてほしい。

 

 

オチをつけるわけじゃないが、聖子ちゃんのコンサートの日は終始ヒマで、黙々とお得意様への暑中見舞いはがきを書いてた。

働いてわかるアイドルの人気。

 

 

| コメント (1) | トラックバック (0)

2008年7月22日 (火)

ポプラ

 

家の近くにポプラがある。

そこの弁当処理がカメのように遅い。毎回イライラさせてくれる。

 

だいたい、レジがいつも一台というのが間違いなんだ。もう一方は去年からずっと故障中。

だから手際の悪い店員が一人で弁当を温めてご飯をついで会計をしてって、そりゃ時間もかかるわ。

ひどい時にはドラクエの発売日前日みたいな列ができる。誰か文句言えよ。

 

「ウチはレジ一台で回します!」という方針ならそこに干渉はしないさ。ただ、それなら店員を三人くらいに増やしてくれ。

店員三人が縦に並んで、レンジ係り、ご飯つぎとラップ係り、会計係りに分けて、ローテーションしていけば早い。

 

お、これっていわゆる信長の鉄砲隊作戦じゃないか。同じ発想なんて感激。

400年も前に解決案が出てるんだから、それをコンビニでも生かしてほしい。

という愚痴でした。

 

 

 

 

あと、レンジでチンとご飯をつぐのは同時にできない。わかってます。

つっこみがくる前に謝っておく。謝罪面みたいなブログだ。

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

2008年7月21日 (月)

次世代携帯

 

ふと、親父の携帯を覗いてみたら、迷惑メールの乱痴気騒ぎになっていた。

なんとなく悲しい気持ち。

出会い系サイトから、とかたくさんあって母が見たら浮気問題に発展しかねない。

 

 

 

 

携帯電話について思うこと。

音楽とかゲームとかネットとか、正直あまり使わない。

そんなの無理につけなくてもいいから、もっと実用的な機能を兼ねてほしい。

具体的に何だと言われると窮するが。

まぁせっかくの折りたたみなんだし、カスタネットとか、ホッチキスとか。

 

僕的には次世代携帯にぜひ搭載してほしい機能ですな。

どんなツッコミがこようとも、めげずにがんばってほしい。

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

2008年7月20日 (日)

踏み込み

 

爆音で音楽をかけながら徘徊してる車やバイクについて。

あの音楽はどれも全く同じに聞こえるのはどうしてだろう?

ジャカジャカジャカボンボンボンみたいな。

自分の耳が悪いのか、本当に一緒の音楽なのか。一度窓をノックして聞いてみようと思う。

 

。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。 

 

モーニング娘。やらAKB48やら、ハロプロの話題になると踏み込みが難しい。特に女子と話してる時だ。

深い知識をひけらかすと、コイツ詳しすぎだろと一線を画されてしまうし、かといって常識的なことまで知らないフリをしてるとそれもおかしい。

どこまでの踏み込みがベストなのかわからない。個人的には高橋愛加入あたりが引き際かと。

 

と思うのは僕だけかもしれない。今日のゼミ室での会話では、男も躊躇なく踏み込んでいってた。そしてやはりキモいレッテルを貼られていた。

 

男「昔、メロン記念日っていたじゃん。もう解散したのかなぁ?」

女「えぇ~そんなユニットあったかな~」

男「あったって!ほら、4人組で中国人の人とかいて。確かユニット名も一回変えたりして」

女「○○くん詳しすぎるよぉ!なんかキモ~い」

 

  

 

僕はそれを「ん?それは太陽とシスコムーンのことじゃないか?」と思いながら聞いていたが、波風立ちそうなので口を挟むのはやめておいた。

 

太陽とシスコムーン。解散時の名はT&Cボンバーだ。

 

| コメント (1) | トラックバック (0)

2008年7月18日 (金)

血液型

 

血液型の本が今売れてるらしい。

A型・B型・O型・AB型の4冊があり、各血液型の性格や特徴が書いてある。どの本屋でも売れ筋ランキングの上位に置いてある。

 

AB型の本めっちゃ欲しい。(僕はAB型)

 

どうにか手に入れようと本屋を巡ってるのだが、どこに行ってもAB型の本だけ売り切れになってるのだ。

なぜだ。まさか発行部数まで少数扱いなのか。AB型はいつもそうやって不利益を受けるのだ。血液型選手権だって決まってあのキツネが最下位だし、勝手に気難しいとか話が合わないとか言われるんだ。天才肌のわけがないだろう。

話が脱線した。

調べてみると、発行部数は同じらしいので、たまたまAB型の本だけよく売れているだけのこと。根気よく本屋を巡って探してみようと思う。

 

 

 

ん? つまり、そういう類の本が出ると真っ先に買いたくなるのがAB型の性格ではないのか。

証左を示せたのでもう満足しようと思う。

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

2008年7月17日 (木)

クレープ

 

紙屋町のデオデオの前にオシャレなクレープ屋さんがオープンしていた。

僕は甘いものがダメな子なので、クレープなんぞ一生縁がないであろうと思ってたが、店先のメニューを見てたら、だんだん美味しそうな感じがしてきた。

クレープ食べたい。

 

価値観が変わる時こそ人生の転機かもしれない。嫌いだの一点張りではなく受け入れることも大事かも。将来、クレープ屋の店長にはならないとは言い切れない。その時に店長がクレープ嫌いですじゃぁバイトの女の子に笑われてしまう。
あるいは、素人枠で出演したミリオネアの最終問題がクレープの知識を問うものかもしれない。興味の対象を広げることが大切なのだ。

話が脱線した。

しかし、あまりにオシャレなクレープ屋だったので、男一人で入るのはいかがなものかと思ってしまい、入り口近くでクルクル回っていた。さすがに入りづらい。

なので、友達に今度食べに行こうよと声をかけ、約束をとりつけただけに終わったのだ。

男でも二人なら恥ずかしくない。今日はおあずけになったけど、楽しみにしとこう。

 

 

 

 

 

その友達がmixiをやってるので、さっき覗いてみたら、今日の日記に

「ささべからクレープ屋さんに行こうと誘われた」と書いてあった。

 

いやいや、間違ってはないけど、なんだその書き方は。かわいい女の子みたいになってるじゃないか。ものすごく恥ずかしいんだけど。

 

そんなことをネットで公開されるくらいなら、一人でクレープ食べに行った方がマシだった。

 

| コメント (1) | トラックバック (0)

2008年7月16日 (水)

ディスプレイ

 

靴を買ったのだ。

NIKEのブラック。かっこいいよ。

 

新しい靴欲しいなぁと思い物色してたら気に入ったのでサクッと購入。

店員のお兄さんに「この靴似合いますかね?」と聞いたら

「似合う人が履いたらすごく似合いますよ」と言われた。

どういうことだ。そりゃそうだろう。というかすごく失礼なことを言ってないか?

 

 

「じゃぁこれ買います」となった時に、「すみませんが、これ、在庫がディスプレイしかないんですけどいいですか?」と言われた。

 

ディスプレイ。

なんだろうディスプレイって。

さっきネットで調べたら、「ディスプレイ=display=展示する」だと。要するに店頭商品しか残ってないよという意味だ。

靴屋で「ディスプレイ」と聞いた時にはなんのことかわからず、ポカンとしていた。靴用のスプレーのことかなと思ったり。

そういう時は聞けばいいのに、なんとなく常識単語っぽかったし、自分、靴にはうるさいですみたいな変なキャラを作っていたので、聞けず。「ディスプレイでいいです」と。

店員は「じゃぁ箱に入れてきますね」と言って裏に入っていった。

 

靴屋で己の弱さを確認。いや再確認。

「ディスプレイ」って常識単語なのか?目当てのブラックが無事買えたのでよかったが、もしかして、エメラルドグリーンとかコバルトブルーみたいな感じでディスプレイピンクみたいなオシャレな名前の色でもあるのかと思って少し焦った。

ディスプレイピンクきたらどうしようと靴屋でドキドキしてる22歳。

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

2008年7月15日 (火)

ごきげんよう

 

「ごきげんよう」の出演依頼がいつきてもいいように、いくつかの小噺は常に用意している。

 

例えば、サイコロで「腹が立つ話」が出たら、

家の近くの自販機は、150円を入れて120円のジュースを買っても、残高に30円と表示されるだけで、釣銭レバーを引かないとお釣りが出てこない。30円で買える物なんてないのに、それっておかしい。だったらさっさとお釣りとして出て来い!あぁ腹が立つ!

 

という話を披露するつもりだ。

 

 

ただ、これって5分も10分も持つ話ではない。1分もかからない。

余った時間で話題もなく沈黙してたら軽い放送事故だ。どうしよう。

 

だから、この話は出演最終日の3日目に話そう。それだと短くても安心だ。

ということを考えて自分で納得したりする。

 

 

 

いや、そういう時は小堺さんが間をつないでくれるんだろう、きっと。

 

勝手に小堺の手腕に期待する自分。

 

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

2008年7月14日 (月)

プリン

 

自分がスポーツ紙のプロライターだったら書いていたであろう小見出し。

「二岡のバット、夜は快音」

「モナ、球に手を出しスタメン落ち」

お後がよろしいようで。

 

 

 

大阪行ってたよー。ただいま。

 

つぼ八へのお土産として神戸プリンを買った。(神戸にも寄ったのだ)

甘党の多いことだし、喜んでくれるかなと。

「うわーおいしそう!わたしプリン大好きなんだよ~」 「おまえホント気がきくな~」

みたいな展開を期待していたのだが、実際は以下のような会話が。

 

「私はプリンが大好き。山本モナは?・・・」

「不倫が大好き! アッハッハ!」 一同爆笑。

 

 

身銭をきったお土産はしょーもないギャグのつまにされただけだった。

ありがとうの一言ももらえず、もう二度と買ってくるまいと決意。

3000円もしたんだぞ神戸プリンは。

 

| コメント (2) | トラックバック (0)

2008年7月 9日 (水)

盲導犬

 

高校にあがるくらいまで、盲導犬っていうのは、「目の見えない犬」のことだと思っていた。

目が不自由でも己の進路を導く犬、みたいな、字だけで勝手にそう判断してたのかも。犬の嗅覚はすごいと聞くから、匂いだけで障害物を避けて歩いているのだと。

だから、「盲導犬ってえらいよねー」とか聞くと、「そりゃえらいだろう。目が見えないのに歩いてるんだから」と思い、そんな犬を先頭に歩かせる人間は鬼畜の如く蔑視していた。

ひどい勘違いだと判明したのはつい数年前だったのでした。盲導犬の方が自分より偉いかもしれない。

 

 

 

 

さて、明日から野暮用で大阪に行ってきます。よく行くなぁ大阪には。

道頓堀の近くにも行くのだが、今日のニュースを観ると、60年も営業してたくいだおれが閉店したらしい。なんというタイミング。

いつまでも あると思うな 親と金とくいだおれ人形

 

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

2008年7月 8日 (火)

環境破壊

 

街中に自転車を止めていたら、帰るときにはきまってカゴの中にゴミが入れられている。缶だったりチラシだったり。

こういう美意識に欠けるやつらにはホント辟易するというか、人の自転車をなんだと思ってるのか。ゴミ箱じゃないんだぞ。

環境学部に通う学生としては、こういうゴミをさらにポイ捨てするのは気が引けるので、そのままコンビニのゴミ箱まで行って捨てたり、ゴミ箱がないときは家まで持って帰ることもある。

なぜ人の後処理を?というのは考えまい。スチールやアルミは分別しないと焼却時に有害ガスを出すし、紙類だってポイ捨てしてるとネコや鳥が食べたりして詰まらせて死ぬ例もあると聞く。生態系の崩壊だ。全てが環境破壊につながることなのだ。だから許せない。

なにより、街の美化が崩れてしまう。風紀が乱れてしまう。僕としては広島の街を守りたいという一心なのです。見返りなど期待してない。

  

 

 

自分の自転車が迷惑駐輪になってるというのは棚に上げておく。

 

迷惑駐輪はいいのだ。環境破壊ではないから。

 

| コメント (1) | トラックバック (0)

2008年7月 4日 (金)

恐怖体験

 

別に夏だからというわけではないが、こないだの恐怖体験を書いてみる。

 

先週の土曜日、バイトを終えて深夜3時ごろ家路に着いた。

僕の家はマンションの16階にあるので、当然エレベーターを使う。

マンションの造り上、エレベーターは偶数階でのみ止るようになっている。「2階・4階・6階・・・」というかんじだ。奇数階では止まらない。

エレベーターには窓がついていて、偶数階を通過する時はそこのフロアが見え、奇数階の時はコンクリートの壁が見えるようになっている。

 

何の気なしにエレベーターで上がっていると、10階のフロア前で、白い服を着て、長い黒髪を垂らして目を見開いた女が両手でバンッとドア越しに張り付いてこっちを見ていた。

うわっ!と思って、のけぞった時にはもう11階のコンクリートが見えているところだった。

確かに見た。ものすごく怖かった。

そのまま16階には着き、興味本位でもう一度見てみようとまた降りてみるつもりだったが、その女がまだ居て、もし、10階でピンポーンとエレベーターが止まったらと思うと怖くなり、そのまま逃げるように家に駆け込んだというお話。

 

幽霊というか、生身の人間だった気がする。

鳥居みゆきを100倍気持ち悪くした感じだと思ってくれればいい。

 

たぶん、生きた人間の嫌がらせだと思うが、ビックリさせるつもりだったのなら、大成功でしたよと教えてあげたい。

こうやって文章にすると怖くないかもしれないが、こっちは心臓が止まるくらいビックリしたっつーの。

 

| コメント (3) | トラックバック (0)

2008年7月 3日 (木)

最強キャラ

 

「マンガのキャラで一番強いのは誰か」という議論はどの巷でも耐えない話題だ。

孫悟空だとかドラえもんとかそこには種種様々な回答が飛び交うと思うが

 

僕もブログを通して草葉の陰から投票したい。

 

昔のジャンプで、「らっきょを食べるとラッキーになれるラッキーマン」という漫画があった。

あいつが最強ではないかと思う。

 

全ての事象をラッキーにしてしまうのだ。かめはめはが飛んできても、くしゃみで軌道が反れてラッキー。スモールライトも電池切れでラッキーみたいな感じだ。

なんというか、北斗神拳とか飛天御剣流とかそういう類のはるか上の次元なのだ。

 

皆様も、今後このような話題になった時は、ラッキーマンを是非ご推奨くださいませ。広島に住むとあるブロガーの一意見として。

 

確か「とってもラッキーマン」というタイトルだった。よかったらご一読あれ。

 

| コメント (1) | トラックバック (0)

« 2008年6月 | トップページ | 2008年8月 »