« 2009年2月 | トップページ | 2009年8月 »

2009年6月 5日 (金)

日食

 

7月下旬に一度日本に帰ろうかと思っている。

で、本日、航空会社に連絡して23日の飛行機を予約しようとしたのだが、当日はもう席がないと言われた。

なんでも、今年7月22日は、記録的な日食が観測できるらしく、上海ではそれが皆既日食として美しく見えるらしい。

ぜひ皆既日食を見ようと日本も含め世界中の天文ファンが上海に集うので、翌日の飛行機など既に帰りの予約でいっぱいだ、とのこと。

 

まったく運が悪い。僕は別に日食など興味はなく、ただ普通に帰国するだけなのに、そんなにわか天文マニアたちのしわよせを食らうなんて。

だいたい日本でも部分日食は見れるでしょうよ。家で見なさい家で。そんな5分程度の現象にわざわざ外国まで来る必要なし!まったく、お金をなんだと思ってるんだ。

 

と、表面ではプリプリ怒ってる自分ですが、今世紀最大らしい日食と聞けば、内心穏やかではない。

正直、見たい。

さぁ早起きしてカメラを持って、あぁ上海にいてよかった。

当ブログをご覧の皆様はぜひ日本で三日月型の部分日食を見てください。ボクがこっちで見る皆既日食に比べれば鼻クソほどの神秘さでしょうけど。

 

ちなみに日食とは、月が太陽と地球の間に入る現象で、皆既日食とは、それがピッタリ重なり太陽の光が遮られてしまうことだ。つまり、目を覚ますと本来明るい時間なのに、夕方のように真っ暗になっている。

 

 

それって、今の生活と変わらないのだが。

 

| コメント (3) | トラックバック (0)

2009年6月 2日 (火)

復活

 

学生時代、夏休み明けや新年明けで久しぶりに友達と会ったりするとき、妙に緊張したでしょう。「よ、よぉ」とか言うしかなく微妙な雰囲気になったりして。

 

で、今そんな感じです。

 

例によってまたパソコンが壊れてしまい、もうこうなったら長江か黄河に投げ捨ててしまおうかと思ったくらいだが、なんとか復旧しました。今月からは無理のないよう更新していく予定です。

 

。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

 

中国には映画カフェがある。そこでジュース片手に個室でゆったりと映画を観るのだ。

で、先日行ってきた。

見たい映画があれば、フロントに電話をかけて映画名を伝え、流してもらうという方式。

日本で流行っているという「レッドクリフ」を観ようと思い、フロントに電話をしたのだが、店員に「レッドクリフ」だと何度言っても伝わらない。(中国では「赤壁」と言うらしく、ボクはそれを知らなかった)

やっと店員が理解したようなので、やれやれと思い座って待ってると、映画が流れてきた。

 

 

 

ジャジャーン

 

 

PONYO ON THE CLIFF

 

 

って、違う!それじゃない!

 

あやうく中国でポニョ英語版を観せられるとこだった。まぁ別に観てもいいんですが。

外国で暮らすとこういうトラブルもあるってことですな。

 

 

 

 

 

 

久しぶりに更新すると、とっておきのネタがこれかよ。と思われそうで嫌なのだが、3ヶ月のブランクを取り戻すべく、今回のネタでどや!

 

 

 

| コメント (3) | トラックバック (0)

« 2009年2月 | トップページ | 2009年8月 »