« 2010年10月 | トップページ | 2010年12月 »

2010年11月21日 (日)

釣魚島

 

たまに、中国と台湾を分けて言う人がいる。

先日も、大学の先生が

「広大にはいろんな国から留学生が来ています。アメリカから、中国から、台湾から……」

と言っていた。

こういう人はけっこう多いのだが、みんな台湾をどう認識してるのか聞きたくなる。ひどい人は、タイやタイペイもゴッチャになっている。

台湾ぐらい知ってるよ、という人にも、香港やマカオのことを聞くと国だと思ってたりする。

あんまりつっつくと僕もボロを出すのでやめときますが。

 

 

まぁ大学の先生でさえ疎いのなら、そりゃ尖閣諸島なんて端の方の島はどっちのものかわかんなくなるよね、とホットな話題に持っていく。

 

ちなみに件の尖閣諸島、中国語表記では「釣魚島」です。

 

「釣魚島」。とても日中で奪い合いが起きてるとは思えない。

日曜日に家族と出かけたくなるような、なんとも脱力感の溢れる島です。

 

 

| コメント (1) | トラックバック (0)

2010年11月17日 (水)

円高

  

久しぶりの更新。だいぶ間があいてしまった。

前回の日記を最後に姿をくらませればカッコよかったのに、いかんせん読者の方々と部室で会ってしまうので、早く更新しろよとせかされてしまうのです。

あと、別にカッコよくはないですね。

ブログを更新しようにもなかなか重い腰が上がらず、いつも掃除や夕飯作りにかこつけてサボってたのだが、今日はこれから膨大な量のレポートを書き上げねばならず、今回はブログ更新にかこつけてレポートを後回しにしたという次第です。

 

さて、いつも書くことがなければ中国の話題にしてるのだが。

最近、円高がすごい。

先日は1元=12円を記録し、今、中国に旅行に行くのが大変お得になっている。

ピンとこない人のために。今、1万円を人民元に両替すると、800元ちょっともらえるわけです。ボクが中国にいた頃は650~700元が相場で、100元以上もお得になっている。過去最高値です。

ピンとこない人のために。100元あると中国では居酒屋で飲み食いしてお釣りがきたり、タクシーで市外まで行けたりするのです。100元は一番額の高いお札なのです。

 

そうはいっても、人民元に対する円高は毎年のことであり、ボクが行った時も、戦後最大とか言われてたし、その前の年も最高値を記録してたはず。

毎年、最高の数値が出るのです。洋画の新作みたいな、ボジョレー・ヌーボーみたいな。

 

経済に詳しい人がいれば間違いを指摘されるのではないかとビクビクしながらも、落としどころを見失ったので、今回はこの辺で。

がんばって更新を続けるようにします。

 

| コメント (3) | トラックバック (0)

« 2010年10月 | トップページ | 2010年12月 »