« 2011年2月 | トップページ | 2011年4月 »

2011年3月30日 (水)

面接

 

大手企業に受かってしまった。

いや、受かってはいない。書類審査を通過しただけだ。先はまだ長い。

実はこの企業、エントリーしようかどうか直前まで悩んでいた。志望する会社ではあり、企業研究もしていたのだが、ウェブテストも不出来だったし、書くことも多いし、どうせ受からないのなら時間がもったいないなぁと思い迷っていた。しかし、それでもエントリーしないことには可能性はない、と考えを変え、即行で履歴書を書き上げギリギリで送ったのだった。

下書きなしの一発書き。もう、何を書いたかさえ覚えていない。

 

そう、本当に覚えていないのだ。

あまりに時間が切迫していたため履歴書のコピーをとるのを忘れていた。

次の選考は面接だ。当然先方はこちらの履歴書を元に質問してくる。

自分はいったい何て書いたのだろうか。履歴書、一緒に見せてもらうのはダメだろうか。

当面、名前と住所しか自信もって言えない状態だ。時事単語とか、もうそんなの覚えている場合じゃない。

ホントに困ってます。

 

 

 

「当社を受けた志望動機は?」

「履歴書に書いてあるとうりです」

「入社後してみたい仕事は?」

「ですから記したとうりです」

 

 

逆・圧迫面接だ。

 

| コメント (1) | トラックバック (0)

2011年3月29日 (火)

音質

 

音楽はもっぱらiPodで聞くのだが

再生数の多い曲や古くに入れた曲は、徐々に音質が劣化していってる気がする。

 

もちろん、iPodはデータなので100万回再生しようが音に変化はないと知ってはいるのだけど。

 

音質を気にしてしまう背景には、昔使っていた音楽媒体がウォークマンやMDプレーヤーだったことが絡んでいる。

当時のカセットテープやMDときたら、聞くたびに音が悪くなっていった。

ボーカルの声を掻き消すノイズが入ったり、テンポが速くなったり遅くなったり。

プレーヤーの方も病気で、自転車に衝撃がある度にお気に入りの歌手だろうが大サビの盛り上がりだろうが問答無用に飛ばされた。

iPodならそんなことないので安心です。

と思いつつもやっぱり音質の劣化があるようで気になるんですよね。イヤホンとか目に見えてボロくなるからかなぁ。

 

 

 

 

さて、この共感、いくつ下の世代まで得られるかわからないので、この話年下とは怖くてできません。

 

ウォークマンて。。。

 

 

 

| コメント (1) | トラックバック (0)

2011年3月25日 (金)

朝食

 

一人暮らしの学生って朝は何を食べてるのだろう。

 

以前は「朝ごはんが体調を左右する」と信じ、起きてご飯を炊いて料理を作ってという主婦みたいなスタイルを続けていた。

が、当然長続きするわけなく、そのうちご飯とインスタント味噌汁とかになっていった。

それもだんだん面倒になり、その後、牛乳をかけるだけのシリアル食品に乗りかえたのだった。やっぱり朝は時間ないしね。

すると今度は牛乳やらフレークやらを毎回揃えるのが面倒になり、しまいには食べたり食べなかったりを繰り返すようになった。あれば食べる、みたいな。

そのうち食べない日が多くなって

 

完全に朝食を抜くようになった。朝起きてすぐ食べるのは身体に良くない、という無茶な理論を自分に言い聞かせて。

 

 

最近は近くの喫茶店でブランチをとるのが日課になりました。昼に満腹になれば朝の空腹はなかったことになるという考えです。

 

 

人間のシッポもこうやってなくなっていったんだろうなぁとか思いながらコーヒーを飲むこのひと時、キラいじゃないです。

 

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

2011年3月22日 (火)

漢字

 

漢字のバランスが悪い。

子供の頃から字がキレイな方ではなかったが、成長するにつれてある程度はまともになった。

ただ、未だに特定の漢字だけ書くのが苦手なようだ。

ということで、書きにくい漢字を紹介します。

 

110322_010302_2 

  

「橋」

 

 

 

左右の長さが合わないパターン。

木偏を書くときに、大体これくらいだろ、と予想をつけるのだが、右側で画数の多さと闘ってるうちに勢いはみ出てしまう。木偏の二度書きが必要となる。

そもそも、左と右で緊張度が違いすぎる。これ、漢字の方が悪い。

 

110322_010243

 

 

「園」

 

 

 

フレームが中身をカバーしきれないパターン。

これまた、「くにがまえ」を書くときの大きさ予想が間違ってるために起きる現象。

修正では、下線に加え両脇の書き足しが必要なため、すごく不恰好になってしまう。

外枠が小さすぎて、あふれ出る中身を下と両脇から押さえる。ビッグマックみたいです。

 

あと、「飛」とかも難しい。独特なバランス感覚が求められますよね。

 

 

110322_010320

 

 

「随」

 

 

  

真ん中に「しんにょう」を入れたいのだが、すでにスペースなしのパターン。ボールペンやマジックだと予断を許さない。

もう、「しんにょう」のくねくね部分とか無視して、直角の線をねじ込むしかない。

「ちょっとすいません!通してください!」みたいな感じか。

 

 

今思うと、「橋」とか「園」とか「飛」とかは、中国語だと簡体字(省略字)になるので、別に気をもむ必要はないのだった。「随」は避けられないけど。

 

とはいえ、中国語専攻の学生としては漢字が汚いのは人一倍恥ずかしいことなのです。

 

 

 

 

| コメント (1) | トラックバック (0)

2011年3月19日 (土)

中国語クイズ解答

 

答え合わせをしましょう。

 

「手紙」  トイレットペーパー。日本語でいう手紙は「信」と書きます。

 

「手表」  腕時計。

 

「手机」  携帯電話。

 

「電脳」  パソコン。

 

「飯店」 「酒店」  ホテル。

 

「工作」  仕事。空港とかで見かける「工作員室」はSTAFFONLYのことです。

 

「丈夫」  夫。頼りがいのある夫がいれば「大丈夫」となる。

 

「汽車」  自動車。日本と車線が逆なので左から車が突っ込んできます。

 

「火車」  列車。昔は火力で走っていたそうです。ウソです。

 

「超市」  スーパーマーケット。「スーパー」な「市場」です。

 

「衛生間」  トイレ。「洗手間」ともいいます。

 

「老師」  先生。「ラオシー」と読み、授業中はこの言葉が飛び交います。

 

「飛机」  飛行機。なぜ「机」が「機械」なんだろうか。

 

「巧克力」  チョコレート。

 

「床」  ベッド。「床で寝る」と書いてても「ベッドで寝る」ことです。

 

「新聞」  ニュース。「新聞のニュース」は「報紙的新聞」と書きます。

 

「美国」  アメリカ。ドイツは「徳国」、フランスは「法国」。中国、日本はそのまま。

 

「看書」  本を読む。昔の本は石に字が彫ってあったらしいです。これはホントです。

 

「読書」  学校に通う。学校とは本を読む場所なり。

 

「約会」  デート。約束してないとダメだそうです。

 

「菜」  「料理」。主に「おかず」を指します。

 

「小強」  「ゴキブリ」。向こうでもやはり嫌われ者です。

 

「生日」  「誕生日」。中国では年越しの時にみんな同時に歳をとります。

 

「水果」  「くだもの」。スイカは「西瓜」、かぼちゃは「南瓜」、きゅうりは「黄瓜」です。

 

「短息」  「メール」。絵文字も句読点もないメールばかりなので怒ってるのかと思ってしまう。

 

「買東西」  「買い物」。ぼったくられないように、ニセモノを買わされないように注意が必要です。

 

「電影」  「映画」。

 

「動画片」  「アニメ」。日本の萌えキャラ文化も伝わってます。

 

「勉強」  「強制する」、「無理強いする」。日本語でいう勉強は「学習」と書きます。

 

 

 

これであなたも中国通!中国の人に一歩仲間入り!

も、もちろんほめてますよ。

 

 

 

 

 

| コメント (1) | トラックバック (0)

2011年3月 6日 (日)

中国語クイズ

 

次に挙げる中国語を日本語に直してみましょう。

全部わかった人は、もう旅行にでも行っチャイナ!

Yahoo!知恵袋に投稿して答えを求めないように。

 

 

「手紙」  日本語の手紙ではないです。でも手で使う紙。

 

「手表」  手と関係あるモノ。表を見れば何かがわかる。

 

「手机」  手と関係ないことはないが・・・。「机」は「機械」のことです。

 

「電脳」  そのままです。名詞。

 

「飯店」 「酒店」  建物だけど、何かを売っている店ではない。

 

「工作」  コレをしている人は「工作員」と呼ばれます。

 

「丈夫」  頼りになる人がいれば「大丈夫」になる。

 

「汽車」  そのままではないけど、まぁそのまま。

 

「火車」  じゃぁこれは?家計とか言わないように。

 

「超市」  「超」な「市場」と考えよう。

 

「衛生間」  衛生的ではない。

 

「老師」  ヒントなしで。

 

「飛机」  すでにヒントを出してます。

 

「巧克力」  当て字。読み方は「チャオコーリー」。

 

「床」  モノの名前。「起床」で、目が覚める、起きるという意味。って日本語でも一緒か。

 

「新聞」  新聞ではないけど、近いモノ。

 

「美国」  美しい(らしい)国の名前。

 

「看書」  動詞です。中国っぽい考えで。

 

「読書」  じゃぁコレは?難問です。

 

「約会」  約束をして会う。ご飯食べたり、映画観たり。

 

「菜」  「中国菜」とか「日本菜」とかも言う。

 

「小強」  正式名称ではないが会話語。小さいけど生命力の強いモノ。

 

「生日」  ちょっと休憩。そのまま。

 

「水果」  スイカではないけど近い。総称。

 

「短息」  「短」はショート、「息」は消息、便りが近いかも。

 

「買東西」  ヒントなしでは推測不可能。「東西」は「モノ」という意味。

 

「電影」  昔は影絵だったことが由来らしい。

 

「動画片」  「片」はフィルムのこと。最近は日本の作品が人気。

 

「勉強」  動詞。意味を知ればなるほどと思う。ウチの親にも教えてやりたかった。

 

 

 

面白そうなものを30問出題しました。次回の更新で答え合わせしましょう。 

 

今後も、書くことに困ればクイズ出します

ってつもりが、もう全部出しちゃった感がある。 

 

 

 

 

 

 

| コメント (3) | トラックバック (0)

2011年3月 3日 (木)

携帯ペット

  

突然、携帯の電源が切れ、「USIMカードが正しく挿入されてません」という表示が出た。

電池パックがずれて接続がはずれたらしい。たまにある。

一度はずしてまたつけると正常に機能した。メール、ピクチャなどのデータは無事だったが、待ち受けにしていたペット育成ゲームが消えて、初期設定のサンプル画像に戻っていた。

 

ペット、育ててたんですけど。たまごっちみたいなやつ。

もう一度設定しなおしても、タマゴからのスタートなので、また育てる気はおきない。

 

 

まぁ、最近はエサあげるのサボったり、かまってあげずにストレスメーターが溜まったりしてて、ちょっとめんどくさかったんでちょうどいいけどね。

 

 

 

勝手に電池パックはずして出て行った可能性はある。

 

 

 

| コメント (2) | トラックバック (0)

« 2011年2月 | トップページ | 2011年4月 »