« 2011年5月 | トップページ | 2011年7月 »

2011年6月28日 (火)

わかめ

 

酢の物でも作ろうかと思い、「カットわかめ」を買った。

初めて買ったのだが、袋を開けてみると小さく縮んだ粒状のモノがあるだけ。「え・・・これがわかめ?」と困惑したが、水に浸しておくとちゃんとわかめにもどるらしい。

「それにしても少量だな」と思い、鍋に袋半分程入れ放置した。

 

 

鍋にあふれんばかりのわかめが出来上がった。

 

こんな気持ち悪いほど大量になるとは思いもせず、物の知らなさに呆れたが、まぁ次からは量を調整できるだろう。

 

 

結局、副菜でちょこっといただくつもりが、立派なメインディッシュになってしまった。

 

 

何の因果でわかめのスピンオフをやってるのかわからないが、がんばって食べます。

 

 

自分でまいた種だから。というより

自分で増やしたわかめだから。

 

 

| コメント (2) | トラックバック (0)

2011年6月24日 (金)

  

洗濯物を取り込んでいたら、特大サイズの蛾が部屋の中に入ってきた。

 

昔から虫の類は大の苦手。こうなると部屋の居住権は蛾に移る。

一瞬の内に身を翻して部屋を飛び出し、ドアを閉めて密室にする。

 

殺虫剤片手にドア越しから噴射のチャンスを待つ姿はさしずめSATそのものだったが、敵が虫というのはどうにも迫力に欠ける。

その後、一人でドタバタしながらやっとのことで退治したのだった。居住権、奪還。

「飛んで火に入る夏の虫」とはおよそ言い難い大獲物だった。

 

 

当たり前のことだが、夏になると虫が増える。

一年中常に飛び回ってるのなら、そういうものかと割り切れるけど、秋や冬には動かないくせに、適温が訪れるとここぞとばかり飛び出してくるあの狡猾さがキライだった。気持ち悪い規則性だ。

 

 

しかしこれは、毎晩10時を過ぎるとゆめタウンの半額弁当を買いに行く心理と似ている。

8時や9時はまだ買うタイミングではない。10時になると皆こぞって弁当のコーナーに集まるのだ。

虫も虫で、春先頃は、早くシールを貼ってくれと急いているのかもしれない。

 

 

なんだか今食べてる半額弁当、あんまり美味しくない気がしてきました。

 

 

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

2011年6月11日 (土)

コーヒー

110608_171147_4  

  

  

 本日の自販機。

 

 

  

 

 

さて、この缶コーヒーは「あったか~い」のか、それとも「つめた~い」のか。

 

この暑いのにホットコーヒーは勘弁願いたいが、120円なら、運試しも兼ねて勝負する価値あり!

 

 

 

 

で、期待を裏切らず「あったか~い」コーヒーをGETした平日の昼下がりでした。

まぁ文句は言わないが。

持って帰って冷蔵庫で冷やしてます。何がしたいんだか。

 

 

ちなみに、家の前の自販機です。夏場も冬場も間違えてボタン押しちゃいそうだな。

 

 

 

 

 

「あったか~い」の文字が逆向いてるので、ホットなわけないと決めつけていたが、そこは微糖だけに、そんなに甘くなかったということにしておこう。

 

 

 

| コメント (2) | トラックバック (0)

« 2011年5月 | トップページ | 2011年7月 »