« 2011年10月 | トップページ | 2011年12月 »

2011年11月30日 (水)

対局時計

 

今日、部室に行ったら、前役職二人がなにやら困っていた。

聞いてみると、先日囲碁部に対局時計を貸したのだが、戻ってきた時計には電池が数個足らないという。

 

機械を分解してネジが無くなるとかならよくある話だが、単一電池が何個も無くなるというのはなかなか難しい。そもそも、いちいち時計から出したりするからそんなことになるわけだ。返ってきた電池も残量が変わってるかもしれない。

さすがにけしからんと思い、早期返却を求める手紙を書いて、囲碁部の部室に貼っておいた。

 

部室もすぐ隣で、将棋部とは兄弟のような囲碁部なので、あまり険悪にはなりたくないのだが、人から借りた物は借りる前以上の状態にして返すのが常識。今度会った時には、電池の返却と共に猛省も促したいところです。

 

 

「以後気をつけます」なんてふざけられた日にはもう全面戦争です。

 

 

 

| コメント (3) | トラックバック (0)

2011年11月27日 (日)

パソコン

111127_232058_4  

 

パソコン二刀流。

 

 

 

最近は卒論の作成に追われてる。

指導教官からよく言われるのが、他の媒体にもデータを保存しておくこと。

確かに、家で執筆したり学校で作業したりとなると、USBメモリに保存しておくだけでは破損や紛失が怖い。今データが消えてしまうと来年の中四に出場できることになってしまうので、何としてもデータは保護しないといけない。

 

そこで、家で使う用のパソコンにバックアップとして保存しておき、持ち運び用のパソコンと分けることで万が一の事態にも対応が効くようにしている。

作成する度に保存が二度手間になってめんどくさいのだが、備えあれば憂いなしといったとこです。

 

 

 

 

そういう事情なので、先日、友達に「何でパソコンが二つもあるの?」と聞かれた時

「こっちが外に持って行っても大丈夫なやつで、こっちは外には持っていけないやつだよ」と説明した。

「ふーん」くらいの反応だったが、少し考えてみて、もしかしたら誤解を与えるような言い方だったかもしれないと気づき、あわわわわ!となった。

「べ、別にいやらしいのが入ってるとかそういう意味じゃないからね!」と咄嗟に弁解したのだが、「はぁ!?」と返された。

 

 

 

墓穴を掘るというのはまさにあぁいうことを言うんだなぁと、しみじみ思い返す一件です。 

 

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

2011年11月26日 (土)

隣人

 

帰宅した時、隣の家の玄関前にたくさんの靴があった。

玄関にも入りきらないとなると十人以上は居るはず。今日は宴会でもするのかな、うるさかったらイヤだなぁと思っていたのだが、全く物音が聞こえてこない。

静かなのにこしたことはないのだが、壁の薄いアパートだし、あれだけの人数が居て何も聞こえてこないというのはちょっとおかしい。

実は隣人は靴マニアで、玄関前にコレクションを並べているだけ

というのはさすがにキモすぎて勘弁願いたいが、そうなると、友達集めて無言で鍋パーティをしているのが本線だろうか。どのみちお近づきにはなりたくない。

 

隣の生活が謎だというのは、けっこう不気味なことだなぁと感じたのでした。

 

 

 

まぁ、向こうとしても、壁に耳当ててこっちの様子を伺ってるような隣人に言われたくはないだろうが。

 

 

 

| コメント (1) | トラックバック (0)

2011年11月24日 (木)

シフト

 

バイト先の店長から電話がかかってきて、「31日は出勤できる?」と聞かれた。

 

11月に31日はないだろう、何言っちゃってんのと思ったが、12月1日はすでに出勤になってるし、きっと30日と間違えてるんだろうと思い、「大丈夫ですよ」と答えた。

  

後になって、もしかしたら大晦日の12月31日のことかもしれないと気づいた。

 

店長も今月とは言ってないし、大晦日なら今から人手を集めておくのも頷ける。

 

まだシフト表は確認してないが、これで12月31日に入ってたら、策士に嵌められたと思ってお店でカウントダウンしようと思います。

 

店長ズルい。。。

 

 

 

あえて言わないでください。ちゃんと自分でわかってますので。

 

 

 

 

| コメント (1) | トラックバック (0)

2011年11月18日 (金)

ケーキ屋

 

パティシエを目指す友達がケーキ屋で働いているということで、友人と会いに行った。

目的はその友達に会うことだったのだが、表にはいなかったようで、レジの後ろから厨房を覗くことに。

こういう時、店員さんが「どなたかの知り合いですか?」と言ってくれると助かるのだが、なかなか察してくれなかった。このまま帰ると不審者だと思われそうなので、結局奥から呼んでもらうことにした。

久しぶりに会った友達は元気そうで、今にも「フランスに留学したい」と言い出しそうなほど様変わりしていた。年末に向けて忙しくなると思うが、立派なパティシエになるため頑張ってもらいたい。応援してます。

 

 

 

 

 

少し順番を入れ替えた今日の会話を付記しておく。

 

「どちらの商品になさいますか」

「○○くんは今日出勤してますか」

「当店オススメでございます」

「呼んでもらってもいいですか」

「お持ち帰りでしょうか」

「持って帰ります」

「お早いお召し上がりとなりますが」

「すぐに頂きますので」 

 

 

 

 

 

 

ケーキ、美味しかったです。

 

 

| コメント (1) | トラックバック (0)

2011年11月 7日 (月)

最近泣いたこと

 

バイト先で、「最近本気で泣いたのは?」という話題になった。

 

「たまねぎを切った時ですかね」と答えると、「なんでそうやってすぐ茶々を入れるの」と言われた。そういうのじゃないらしい。

 

 

聞いてると、みんなけっこう泣いてるようで、映画を観て泣いたり、彼氏と別れて泣いたり、泣き上戸だったり。

 

 

個人的に、死別が悲しくて泣いたり、悔しい思いをして泣いたりという気持ちはわかるが、感動して泣いたり、恋愛事で泣いたりというのはちょっと共感しづらい。

年齢も年齢だし、泣くことに抵抗もあるし、簡単に人前で涙なんか流しませんよと言うと

「けっこう大人なんだね」とお褒めの言葉を頂いた。

 

 

 

言わなかったが、先日、上り階段でつまづいて膝を強打した時

痛くて泣いた。

 

 

 

まぁ、人前じゃないから。

 

| コメント (1) | トラックバック (0)

« 2011年10月 | トップページ | 2011年12月 »