« 2013年12月 | トップページ | 2014年2月 »

2014年1月31日 (金)

妹コントロール

 
あなたが落としたのは、角ですか?飛車ですか?
 
それとも、 二枚落ちですか!\(⌒∇⌒)/
 
 
将棋なんて、めっきり指すこともなくなって、言う機会もない。
タダであげますこのギャグ。
 
詰め将棋とか全然解けなくなってるし、またちょっとづつ指していこうかな。
 
 
。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。
 
 
知る人ぞ知る、ウチは昔、兄妹で将棋をしていた。小さい頃は一緒に道場にも通ってた。
 
当時、父の提案で、曜日を決めて、ボクが妹に指導するという兄妹での研究会をしていた。
 
楽しみだったのは、ボクがやる気を出して真面目に教えるよう、妹には内緒でこっそりインセンティブとして小遣いを貰えたことだ。妹の棋力向上に随伴して額も上がっていった。
 
となると、兄としてもなんとか強くしようと、頑張って指導に力を注いだわけだが、
 
一時期、妹が急に強くなり、平手でも危ういのでは、というところまで棋力が接近したことがあった。
 
兄のメンツとして、負かされたり、級を越されるなんてあってはならない。かといってお小遣いも欲しい。
 
両挟みの末、「あまり強くならないように指導する」という苦肉の策に打って出た。
 
感想戦をして褒める。詰め将棋も出す。ただ、手筋や定跡は教えない。お小遣いはもらう。
 
成長のスピードが露骨に落ちると疑われるし、ウソを教えると妹も気づくし、加減が難しいのだが、自分の棋力も上げながら、常に三歩後ろくらいをついて来るよう絶妙の指導で棋力を調整した。
 
 
我ながら、前代未聞の先生だなと思う。自分が臨終の床で回復不能の末期になったくらいに告白して懺悔しよう。
 
 
 
ちなみに当人はその後、大学デビューをし、化粧をし、デートをし、
 
「将棋じゃモテないよ」と兄に放言してやめていきました。
 
 
 
 

| コメント (0) | トラックバック (0)

2014年1月23日 (木)

読者

 
お互いのことをほとんどまだ何も知らない(だろう)人と飲んでた。
 
 
のだが、相手はこのブログを読んでる人だった。
 
 
「ブログ読んでます!めっちゃ面白いです!」
 
 
話題の引き出しは底知らずと自負していたが、一瞬で全て施錠された。
 
 
「何回も読みました!もっと更新してください!」
 
 
流れる冷や汗。バレる性癖。飛び出す枝豆。
 
 
「毎日ワクワクしながら読んでます!このブログ知らないなんて人生損してます!生きる楽しみがないのと同じです!」
 
 
ありがとう!そのワクワクを世界で唯一享受できないのはボクなんだけど!人生損して生きる楽しみなし!
 
 
 
 
田んぼに突っ込んだ話も、北京ダックを皮だけ食べた話も、プリンの容器で唇を切った話も、キーボードが掃除機に吸い込まれた話も、全部話せないのか。いや、話せなくてよかったのか。(読まれてる時点でバレるも何もないのだが)
 
 
初対面なのに、お互いの情報量が圧倒的に違うこの人、来週も会うので、反応を見てみようと思います。
 
 
 
たまに、ボクのことを「意外と無口ね」とか言う人もいるが、実は既に喋りまくった結果、話す話題がなかったりするのです。
 

| コメント (2) | トラックバック (0)

2014年1月20日 (月)

家計簿アプリ

 
本年の目標。「皆様のお気に入りフォルダから削除されること」
 
 
 
今年は金銭管理を徹底して、貯金も増やしていこう。
ということで、スマホに家計簿のアプリを入れて、年始からつけている。
 
今日、服を買って支出を打ったら、いきなり警告音が鳴って「予定支出を超えています。大丈夫ですか?」みたいな画面が出た。
 
そういえば、始めに今月の予定収支を計画させられたが、どうやらそれをオーバーしたらしい。(まだ1月も10日以上あるというのに)
計画の段階では残金の多い方がうれしくて無理な計算をしたのだろう。あれから福袋三つくらい買ったし、達成できるわけない。
 
スマホに浪費を指摘されるとは。
 
「大丈夫ですか?」の次は、「考え直してください、もっと出費は抑えれるはずです」みたいな確認。うるせーコイツ、携帯のくせに。口を挟むのは家計簿のすることじゃない。
 
 
 
「もう支出はできません!やめてください!」という相手を掴んで、ケータイマネーで一万円くらいピッと払ったら、なんだかSMみたいな感じがして気分がよかったです。
 
 
 
 
 
今年の更新も、無理をせず、背伸びせず、いつもどおりを心がけて、の結果、こんな感じの記事に落ち着きます。
 
 
 
 
 
 
 
 

| コメント (0) | トラックバック (0)

« 2013年12月 | トップページ | 2014年2月 »