« 2014年7月 | トップページ | 2014年9月 »

2014年8月11日 (月)

ふりがな

 
「ちゃんと毎日更新してくださいよ」と言われて。
 
毎日書くことなんてございませんという旨を申し上げたところ
 
「一つの日記に二つみたいな書き方してるからじゃないですか?」みたいな指摘をされて。
 
 
た・し・か・に・ね!
 
今後の在り方を見つめ直す所存です。
 
 
。。。。。。。。。。。。。。
 
 
で、懲りてないんですけど。
 
 
履歴書とか申込用紙とか、自分の住所を書くときには決まって上に「ふりがな」を記入する欄がある。
 
あれって地味に悩むんですよね(←共感できる人は飲み友になろう!)
 
まぁ、日本には難読な地名もたくさんあって、管理側としては、ふりがなが書いてあって助かったということもあるのだろう。
しかし、それはさすがに「市」以下の町名くらいであって、「広島県」や「大阪府東大阪市」にまでふりがなを付けろというわけではないのだろう。
ボクがこれまで住んできたところは、小学生でも読み書きできるような漢字の住所ばかりで、全部にひらがなを書いてると、なんだか読むであろう大人をバカにしてるようでためらわれる気もするのである。
 
なので、たいていの場合は「ふりがな」なしで通している。それでクレームがついたこともないし。
 
 
ただ、本日送った資格試験の申込用紙には、よく見ると注書きで、
住所には必ず全てふりがなをふってください。ない場合はいかなる理由であっても願書を受理することはできません。
みたいな書き方がしてあって、逡巡の末、素直に全部書いた。「とうきょうとえどがわく・・・(以下略)」
 
過去に、よほど難読な地名から送られてきて、受験票の返送が大変だったことでもあるのだろうか。
或いは、めっぽう漢字に弱い人が管理や返送を担当しているのかもしれない(そんなヤツが採点するのだけはやめてほしい)。
 
なんか、ヤケクソみたいになってて怖い組織だなと思いました。
 
 
 
 
 
というか、寝過ごさず遅刻せず会場入りすることがまずは1回戦で、本番の試験はそれからの2回戦だ、とか勝手に思ってましたけど、まさかの0回戦負けするところでした。危なかった。
 
 
 
 
 

| コメント (3) | トラックバック (0)

2014年8月 7日 (木)

脇腹突き

 
「今って2014年だよね?平成何年だっけ?」と聞いてくる人多すぎ!
 
西暦下2桁プラス12で和暦になるって覚えておけば聞くことないでしょうが。
 
 
あと先日、「今日って何曜日?」「月曜日ですよ」という問答のあと、「じゃぁ明日って火曜日だよね?」と言われて、先輩に思わず「マジか!?」と言ってしまいました。
 
 
。。。。。。。。。。。。
 
 
 
「大人になってもまだやられるのか」という代名詞といえば、なんといっても「脇腹突き」しかないと思う。
 
Photo
 
女性がスキンシップとしてやってくる分にはまだかまわないが、未だに男子からも突かれる(キモいからやめて!)
 
あれはホントに遠慮してほしい。
気持ち的にも、身体的にも準備ができてないのだ。
 
ビックリしたり、意外と痛いのもイヤなのだが、なにより、油断して腹筋の力が緩んでるときにされるのが一番悔しい。
違う!ホントはそんなプニプニしてない!もっかいやって!今なら硬いから!
 
アレをされるたびに、鍛えなきゃな・・・と思うのだが、しばらく経つと忘れて結局何もしない。めんどくさいのもあるし。
 
 
最近では、突かれた瞬間、相手の神経伝達より早く筋肉を硬直させるべく部屋で独りで練習を繰り返してたら、脇腹が引き締まってきました。一周してイイ結果になりました。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

| コメント (1) | トラックバック (0)

2014年8月 5日 (火)

上からメール

  
今日はサマージャンボの当選日だ!
 
と、カレンダーに印まで付けて心躍らせていたのに(←けっこうな金額買っていた)
 
 
当選日ではなく抽選日の間違いでした。
 
 
。。。。。。。。。。。。
 
 
仕事で他社の人と定期的にメールのやり取りをしていて。
 
相手は何度か会ったこともある女性で、歳も近くて話しやすく、とてもスムーズにメールで仕事が進んでたのだが。
 
先日、そのメールを見た上司から、「キミの書く文章は少し丁寧過ぎる」と言われた。
 
丁寧ならいいじゃないかとも思うが、上司曰く、「受け仕事」と「渡す仕事」では差異を出さなければいけない、仕事を与えてあげる我が社の方が低姿勢ではパワーバランスがおかしいでしょ、ということであり、なるほどそういうものかと納得したものでした。
 
上司にもCcで入っているため、以来、その人に送るメールでは、「やっていただけますかおねがいします」のようなこれまでの口調から、「やれっていったらやりなさいよ!」みたいな急に上から目線になったのでした。(そんな言い方はしてないですけど)
 
 
で、そんな予感はしてたけど、次に会った時に、「私、何か機嫌を損ねることしましたか?」みたいな心配をされ、上述のいきさつを話した上で誤解を解いたのでした。
そういうわけで、申し訳ないですけど今後もツンツンさせてもらいますと。
 
ホントはしたくないのに、いやいやツンデレするという、よくわからないことになってます。
今までが仲良かっただけに、演技力が要ります。
 
 
 
 
学生時代にも、急にメールが辛辣な口調になったり、今後はメールしないでと言ってきたり、中には途中から返事を無視するような女の子もいましたが、きっと先輩やら先生やらの抗えない圧力があって断腸の思いだったのだと誤解しておきます。
 
 
 
 

| コメント (2) | トラックバック (0)

2014年8月 4日 (月)

待ち合わせ場所

  
「○○のない△△なんてさぁ、ご飯の無いチャーハンみたいなモンでしょ!?」
 
っていう例えがシュールで、いつか言おうと溜めてたのだが、特に言う機会もないし、たいして面白くもなくなってきて、ここに捨てます。ご自由にお取りください。
 
思いついた時は自分のことを天才かと疑った程でしたけど。
 
 
。。。。。。。。。。。。。。。
 
 
 
先日、東京の知人とご飯を食べに行ったのだが、待ち合わせの時にやらかしてしまった。
 
 
わかりやすいだろうと思って適当に店近くの大きな広場を待ち合わせ場所に指定したら、歓楽街だったらしく、ボクを待ってる間、先方がひっきりなしに勧誘されてた。男性が一人でポツンと立ってると勘違いされるような場所だったのだ。
 
大阪時代にも同じような失敗をした。
 
お互いの中間点の駅近くを適当に待ち合わせ場所にしたら、そこが思い切りホテル街で、朝からなんとも妙な雰囲気になったものだった。(なっただけですけど)
 
東京の例も大阪の例も、地元に人に話してみると、「普通そんなトコで待ち合わせないよ」と笑う人ばかりで、やはり非常識的な待ち合わせ場所もあるのだなと痛感したのでした。
 
 
 
たしかに、どこの地域でも「待ち合わせ場所の定番」は存在する。
 
ボクみたいに土地勘のない人間は、地元の人に聞くとか、予め調べておくとかしてその定番スポットを知っておかなければいけない。そうすれば、上述したようなしなくてもいい気苦労も防げるのだろう。
 
 
 
東京だったら渋谷マルキュー前で!
 
大阪だったら梅田ヨドバシ前で!
 
広島だったらパルコ前アリスガーデン(もしくはバスセンター下の大時計前)で!
 
松山だったら大街道のラフォーレ跡地で!
 
高松だったら兵庫通りのティファニーアンドコー前で!
 
 
みんな集合!!
 
 
 
 
 
 
 
ちなみに冒頭の「やらかした」とは、待ち合わせ場所がどうとかではなくて、大遅刻してしまったことです。ぽよよよーん。
 
 
 
 
 
 
 

| コメント (2) | トラックバック (0)

2014年8月 1日 (金)

保証書

   
職場のカレンダーを勢いよくめくったら9月になりました。(誤って2枚めくった)
 
 
。。。。。。。。。。。。。。
 
 
人生で一番大切なものは?と聞かれると、命や時間やお金がくるのはまぁいいとして、たいていの人は4番目くらいに、家電品とか電子機器とか買ったときにもらうメーカー保証書がくると思う。
 
あれは大事だ。保証期間内だったらタダで修理してくれる。新品と交換もしてくれる。プラチナチケットや株券と言っても過言ではないくらい魔法の紙ではないか。
 
ただ、紙切れだけに失くしてしまうことがよくある。
 
アレさえあればタダで直してもらえるのに!と探しつつも見つからないもどかしさは筆舌に尽くし難い。誰しも経験したことがあると思う。
 
だから私は各保証書を全てまとめてファイルに入れておいた。
「保証書用ファイル」とシールまで作って貼っておいた。
 
ちゃんとファイリングして保管しておかないから失くすんだ!バカめ!愚者が!と他を蔑み、自身の危険予知能力に陶酔すらした。
 
 
 
で、そのファイルを失くしたのだった。(たぶん間違えて捨てた)
一気に全て無くなった。
 
 
「大丈夫、壊さなかったら同じことだ・・・!」と無理に自分を納得させて呼吸を整えるのが精一杯でした。発覚した当初はショックで自傷行為にはしるレベルだった。
 
 
 
 
 
 
 
 
あとですね、最近よく「さすがにネタでしょー」とか、「わざと作りにいってますよねー」とかよく言われるんですが、こんなことわざと作りにいってたらもはや天才の領域だと思います。
 
 
というか、そういうことを言う人がいるから実体験も素直に書けなくなったりするのだ。(自分のブログなのに)
 
 
間違えてネコ缶を買って食べた話とか、ちょー面白いと思うのだが、言い出すタイミングを失ってはや数年です。
 
 
 
 
 
 

| コメント (1) | トラックバック (0)

« 2014年7月 | トップページ | 2014年9月 »