« 2015年8月 | トップページ | 2015年10月 »

2015年9月23日 (水)

黒髭

  
  
飲み歩いてる情報発信ばかりで、酒場放浪記みたいになってきた当ブログですが。
 
 
。。。。。。。。。。。。
 
 
 
友人に、破壊級のデカジョッキで酒が飲めるお店があると勧められて、都内の某居酒屋に行って来た。
 
 
頼んだハイボールがこの写真。
 
 
Dsc_0088
 
 
比較対象がモツ焼きと七味という残念さだが、これはデカい。味も濃くて飲みきるのは一苦労である。
 
だが、友人がこの店を勧めたのにはもう一つ理由があったのだった。
 
 
とにかく飲み干さなくてはとの強迫からなんとか飲み切るに至ったのだが、店員が黒髭を持ってやってきたのだった。
 
 
「どでかハイボールを頼まれたお客様には、黒髭チャンスがありまーす!当たればもう一杯!」
 
 
Dsc_0089
 
 
 
おいおまえ、ちょっと待てと。こんな女型の巨人みたいなジョッキで1杯飲むだけでも至難の業なのに、もう一杯とはどういうことですか。OL風の女性とかにもするのかそのサービスは。そもそもこの店は採算取れてるの?
こんなジョッキもう一杯当てた日にはもう明日の仕事どころじゃないですよ。危機一髪なのはこっちの方だ。
 
 
 
学生時代の飲み会の時分でも思っていたが、ボクは酒の神バッカスの生まれ変わりではないかというくらい、こういう時には面白い展開が待ち受けるわけで。
 
 
 
 
ポーン!と景気よく、黒髭と、その後の記憶が飛んで行きました。
 
 
 
 
 
 
 

| コメント (0) | トラックバック (0)

2015年9月16日 (水)

ブラジルバル

  
留学時代の仲間と夜の六本木に繰り出したりして。
 
外人さんが多すぎて、もはやどっちが外人なのかわからないほどホットなスポットでした。
 
 
。。。。。。。。。
 
 
 
2015912__2774  
 
オシャレな場所で美味しい肉が食べたいね!というメンバー総意のもと、これまた留学生仲間が経営するブラジルバルなるところに行ってきたのでした。
 
 
2015912__7742
 
肉!肉!料理はとにかく肉!
 
 
 
2015912__4823
 
 
オレが切り分けるから!みんなはとにかく食べることに集中して!もっと南米と一体になって!
 
 
 
 
途中、ブラジル人の友達に教えてもらったこと。
 
ポルトガル語(ブラジルの公用語)で、「ありがとう」は「オブリガー」というのだとか。
 
ただし、これは対男性への言い方であり、相手が女性の場合は「オブリガー」と言うらしい。  
 
なるほど、男性と女性で言い方が変わるのだ。
 
 
「ウチのオーナーはブラジル人だから、後でお礼言ってあげたら喜ぶよ」と教えられ、よーしそれならと意気込みながらボクが代表として会計に向かったのだった。
 
 
 
オーナー「ミナサン、アリガトネ」
 
ボク「こちらこそ、オブリガー、、え!?。。。」
 
 
 
 
なんと、男性なのか女性なのかよくわからないオーナーが出てきて、我々一同は面食らったのだった。
 
 
さすが南米、その辺の事情には寛容だと聞くが、まさかオーナーが。
 
 
 
ボク「オ、オブリガーッヅ!」
 
 
 
子供時代、漢字のテストで「日」なのか「田」なのかわからなかったり、英語のテストで「n」なのか「m」なのかわからなかったりしたときは、どちらともとれるように崩して書いて逃げるという小学生気質、悪い癖が未だに直ってないなと改めて思わされたのでした。
 
 
 
 
 
いやまぁ、悪いのは女性ものの服を着て化粧をして髪も長いのに、筋肉マッチョで声が野太くて髭が生えてるオーナーの方なんですけど。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

| コメント (0) | トラックバック (0)

2015年9月 7日 (月)

ドイツ

  
毎朝6時に起きるのが理想。
 
6時に起きれれば、朝ごはんもちゃんと食べて、洗濯をして、身支度をして余裕を持って出社するくらいの時間がある。
 
だけどできない。
 
この歳になってもギリギリまで寝たい願望が強いので、結局7時半頃に飛び起きて、歯を磨きながら洗顔をし、たまにはクーラーをつけっぱなしにしながら、寝癖がついたままパンを口にくわえて慌てて家を飛び出すというていたらく。
 
このままではいつか曲がり角で女子高生とぶつかり、その子が朝のホームルームで転校生として紹介されてしまう。
 
 
。。。。。。。。。。。。。。。。。
 
 
 
今、父がドイツに行っている。
 
ドイツ好きの父が機会に恵まれ、有志と共に2週間のドイツ旅行を堪能している。ボクも少し資金援助した。
 
 
不慣れな海外なので、ボクから国際電話をかけて安心させたいという気もあるのだが、電話するタイミングが難しい。向こうも観光や食事を終えて部屋でゆっくりしてる時間といったら夜23時くらいか。
 
時差7時間を考慮して、向こう(ドイツ)の23時に電話しようと思うと、こちら(日本)は朝6時にかけないといけない。
 
昨日、朝6時に起きて電話したのだった。
 
「もしもし、父さん?おはよう」
 
「違うよ。こんばんはだろ」
 
まぁ、このやり取りはどっちが正しいもないにしろ、父のおかげで久しぶりに健康的な時間に起きて、家のこともいろいろこなして少し早めに出社して、心なしか仕事にも身が入った一日だった。
 
よし、今後は眠くても早起きしよう。
 
 
 
 
 
 
 
 
これがもし時差4時間のパキスタンなんかに旅行されてたとすると、ボクは夜中3時に起きて電話しなければいけなかったわけで、子供孝行の親に育ってくれたなと思うばかりです。
 
 
 
 
 
 

| コメント (0) | トラックバック (0)

2015年9月 2日 (水)

占い

  
「USJに行って遊んできたんですよ」
 
と言う人に対して、「え!?三井住友銀行に行ってきたの?」
 
というのが鉄板のギャグだったんですけど、最近分かったところによると、それはSMBCで、ボクが言いたかったのは三菱東京UFJ銀行だったのでした。
 
20代のうちに気づいてよかったと心から思います。
 
 
。。。。。。。。。。
 
 
 
巷でよくある行動分析型の占いって、いまいち的を得てないと思う。
 
自分なら、もっと行動心理の本質を突いたような占いができそうだなぁと思うのでした。
 
 
「降りる時にまた提示する切符を乗車中どこに置いておくか占い」
 
あなたはポケット派?財布派?手に持つ派?窓枠の下派?
 
 
「終電を逃した時にすること占い」
 
あなたはネカフェ派?居酒屋派?カラオケ派?
 
 
「帰宅して最初にすること占い」
 
あなたは鍵を掛ける派?靴を脱ぐ派?郵便受けを見る派?
 
 
「試験開始合図の後どうするか占い」
 
あなたは冊子の落丁を確認する派?問題数を数える派?ざっと見渡す派?周りのスタートを確認する派?(いきなり問1が目に入って絶望する派もある)
 
 
「ブラッと本屋に寄ったとき占い」
 
あなたは新書コーナー派?週刊雑誌コーナー派?文具コーナー派?書籍検索機派?
 
 
「初手に端歩を突かれたとき占い」
 
あなたは突き返す派?気持ちを落ち着かせる派?相手の顔を見る派?
 
 
 
 
ボクのおススメは、
「家を出て鍵を掛けた瞬間、あ!忘れた!と気づいて開錠して取りに戻る小物占い」です。
 
 
あなたは目薬派?iPod派?ボクはリップクリープ派です!
(靴を脱がずに取りに行くかどうかも占い要素ですね)
 
 
 
○○な人は△△です、という結果については長い人生追々調べていけたらなと思います。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

| コメント (1) | トラックバック (0)

« 2015年8月 | トップページ | 2015年10月 »