« 2016年12月 | トップページ | 2017年10月 »

2017年4月19日 (水)

苗字

   
 
ボクの苗字っていうのは、元々は「雀部(ささべ)」と書いていたらしい。
 
実際、叔母とかは昔はこの字で自分の名前を書いていたという。
なかなか由緒ある名前らしく、直系の先祖が500年くらい前の文献にも乗っている。
 
ただ、誰も正しく読んでくれないので、めんどくさくなった祖父が戦後のゴタゴタに乗じて今の「佐々部(ささべ)」に変えたとのことだ。
 
 
長年脈々と受け継いだ歴史ある苗字を気軽に変える祖父。梅干しじゃないんだから。
 
 
。。。。。。。。。。。。
 
 
 
「珍しい苗字だね」と言われることが多い。
 
実際、日本の苗字ランキングでは13450位の450世帯である。珍しいのだろう。
 
 
ただ、↑のセリフは別に褒められてるわけでなく、けなされてるわけでもなく、なんとも反応に困るのが常である。自分のせいでも努力でもないし。
 
 
「よく言われます」とか平凡な返しに落ち着いてしまうのだが、ホントはもっとユーモアに富んだような返事がしたいのだ。募集します。
 
 
 
「珍しい苗字だね」と言われてる人に会うのもまた珍しいことですが、今後はよく観察しつつ、自分でも考えていこうと思います。
 
 
 
 
 
そう考えると、ウチの祖母は旧姓「山田」から、母は「古田」から「佐々部」である。
 
12位から13450位になった心境や如何に。
 
 
全国模試で一科目受け忘れた人みたいだ。
 
 
 
 
 
 

| コメント (1) | トラックバック (0)

2017年4月18日 (火)

1円

  
 
ペットボトルの牛乳が無い理由は、「特に需要がないから」らしい。
 
瓶やパックが定着してるので、コストをかけてまで見慣れない容器に入れるのもナンセンスらしい。味はビジュアルも込みなのだ。
 
新しい職場の自販機にはペットボトル入りのブラックコーヒーがあるのだが、なんとなく飲む前から美味しくなさそうです。
 
 
。。。。。。。。。。。
 
 
 
今治の家に越してきてから新しくネット環境を整えなければいけなかったのだが、回線工事もめんどくさいし、この機に無線のやつを買うことにした。
 
電器店で聞いてみると、Wi-MAXのモバイルルーターが安いのだ。なんと1円。
 
 
通信速度も悪くなさそうで、よしコレを買おうと決めていろいろ契約を済ませた後に、
「はい、じゃぁ1円もらいます」という展開になったのだ。
 
 
1円で売ってるんだからそりゃまぁ当たり前なのだが、人生初めての経験にちょっと面食らった。
 
 
イヤな予感がしたのは、ボクは普段、財布から細かい硬貨を抜いておく癖があるからで、案の定そのとき持っていた一番小さい硬貨が100円だった。
 
 
おつり99円はお互いめんどくさいし、通信処理で5分くらいかかると言われたので、コンビニで両替してくることにした。1円のために。
 
コンビニで適当に買い物してレジに持っていったら、適当に買い物したせいでお会計550円となり1円が出ず、また並んだのだった。なんで買いたくもないものを。
 
 
 
「もうタダにしてくれや。それか100円で買うわ」と言おうかどうか迷うあたり立派な大人になりきれてません。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

| コメント (2) | トラックバック (0)

2017年4月13日 (木)

読めない名前

  
新社会人の季節ですか。
 
前にも書きましたが、ボクが社会に出てわかってきた考え方を書いておこうと思います。
 
 
・自分の言葉なんかで人の考えや価値観を変えることなどできないこと
 
・人は、思った通りに動かないこと
 
・一生懸命やった上で失敗した人を責めないこと
 
・自分のことを嫌ってる人なんかに近寄っていく必要はないこと
 
・ちゃんと人の名前を呼ばない奴は出世しないこと
 
・率先してシュレッダーのゴミを捨てると好評価なこと
 
 
個人的な考えですが、知っておくとだいぶ気が楽になると思います。
 
 
。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。
 
 
 
この歳になると、日常で出会う漢字なんかほとんど読めると過信してるところがあった。
 
読めない漢字はあるにしろ、ましてや初見の漢字なんかはまずないかと。。
(中国語だって勉強したし、人よりは詳しいのかなーと思ってたり)
 
 
先日、商談の席で出会った人が、「筬田さん」だった。
 
 
 
激ムズである。誰かやくみつるか宮崎美子連れて来い。
 
 
この、予想もできない名前。しかも尋ねるタイミングも失って。
 
相手の名前が分からないまましばらく話が進んでいって、心臓がキュー!ってなりました。
 
 
このピンチ、どうやって乗り切ったかというと、先方が中座したときに、何かヒントがないかと探しまくり、書類の中にその人のメールアドレスを見つけたのだった。
(カイジの麻雀編でこんな展開あった)
 
「osada.m@×××。。。」
 
 
以降は、水を得た魚のように快活だった。
 
「そうですね!オサダさん!!」
 
 
 
今後の人生でもこういう難所があといくつかあるのだと思います。
 
 
 

| コメント (2) | トラックバック (0)

2017年4月 9日 (日)

今治

  
スズメや鳩やカラスみたいな害鳥被害に困る地域っていうのは、よくトンビやタカを上空に放って対処するらしいです。
大型の鳥類を見た害鳥は、「この辺りはマズい」と判断して別の地域に移るのだとか。
ボクも最後の方、錦糸町の繁華街付近で上司を見かけて、もうあの辺に行くのはやめようと思いましたから。
 
 
なんだかんだで転勤となり、愛媛県今治市に移り住みました。
人も空気も食べ物も良い所です。きっと桃鉄では青マスでしょう。
 
人生で初めて車も買いました。
皆さん訪ねてくださいね。
 
こないだ、ドラッグストアでティッシュを買ってからガソリンスタンドに寄ったら、
給油のサービスで全く同じティッシュをもらいました。
こういうのを「良し」と思える人間になりたいです。
 
 
 
最近、歳をとったことを実感することが多いです。
 
このブログでも大学生の頃から10年以上も書いてるんだから、そりゃ歳もとるか。
 
ふと、10年前の記事を見返してみたら、
将棋盤で殴るだの、幼稚園を壊すだの、将来が不安になります。
 
 
 
なかなか読み応えありますこのブログは。
 
 
 
 
 
 

| コメント (1) | トラックバック (0)

« 2016年12月 | トップページ | 2017年10月 »