« 2017年10月 | トップページ | 2017年12月 »

2017年11月20日 (月)

万押し(?)

 
  
本社で会議があり、その近所のスーパーで生活用品を買って今治に帰ってきた。
 
帰って気づいたのだが、買ったはずの歯ブラシがない。
レシートには書かれてて、お金は払ってる。
 
 
あぁ。そういえばレジを通ったあと、買い忘れたものを思い出してもう一度店内に戻ったっけなぁ。
 
また店内を回ってるうちに、手に持ってた会計済みの商品を棚に戻した可能性が高い。
 
 
店からしたら儲けもんだろうか。いや、在庫管理のときにすこぶるめんどくさくなりそうだ。
 
電話しようか。いや、うまく伝える自信がない。
 
 
なんでこんな気を揉まなきゃいけないんだ。ボクばっかり損してるじゃないか。
 
 
 
みなさん、「万引き」は当然、その逆(言葉思いつかず)もやめましょう。自分のために。
 
 
 
 
 
 
 
 

| コメント (2) | トラックバック (0)

2017年11月18日 (土)

疲労困憊帰社後の携帯探し

   
三十二年も生きてると、もうおよその気分感情は経験し尽くしたと思ってたところ、先日ふとしたことから何とも形容しがたいニューカマーな気持ちにさせられたのだった。
 
 
すっかり車通勤が定着したこちらの生活では、いつも携帯電話で音楽を流し、それをBluethuthを通して車のスピーカーから流してるスタイル。
先日、仕事が終わって家の駐車場に着いて、車から出ようとした段になって、携帯を探したが、どうにもない。
 
 
。ポケットから音楽オンにしたはずだが、カバンに入れたっけな。
 
探す、ない。
 
。。助手席に投げたっけな。
 
探す、ない。
 
 
イスの下かな!?
 
探す、ない。
 
 
 
 
確実に携帯は車内にあるという安心感。
(だって音楽が鳴ってて、その発信源なのだから)
 
このまま一生見つからないのではという不安。
(だってこれだけ探してないのだから)
 
 
 
 
結局、携帯は後部ドア下ポケットという、いたずら妖怪の仕業としか思えない場所で見つかったのだが、当時の心境は今思い返しても何とも形容し難い、初めての気分でした。
 
 
 
 
 
 
 

| コメント (1) | トラックバック (0)

2017年11月16日 (木)

金持ちのマーコス

 
留学時代、トルクメニスタン人のマーコスという子がいた。
 
一度実家の写真を見せてもらったら、お城のような外観、大きな暖炉に召使にたくさんの部屋、動物のはく製だらけ、画に描いたような大金持ちの男の子だった。
 
 
留学が終わり、お互い帰国した後、一度マーコスから広島に遊びに行きたいと連絡が来たことがあった。
 
自分はあまり家から出ないし、どうせなら日本旅行も兼ねてそっちに行くから案内してくれないかとのことだった。
 
 
当日は原爆ドームや広島城など外人におすすめコースを案内したのだが、なにせ大金持ちのマーコスは驚くことに足る刺激が少ないのだ。
 
カープの試合を観せても、「ウチ、野球チームのオーナーなんだよね」
広島城で刀や武具を見せても、「ウチ、こんな甲冑いっぱいあるぜ」
 
悪気はないけれど自然に金持ちが口に出るマーコス。
そんな彼を唯一驚かせたのは、宮島に行った時だった。
 
ツノの生えたオス鹿を見たマーコスが、
 
 
「すっげー!!首から下が、ある!」
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ずっと隣に居て旅行中だんだん腹が立ってきたところ、ありがとう、鹿。
 
 
 
 
 
 
 
 

| コメント (0) | トラックバック (0)

2017年11月15日 (水)

自転車

  
「盗んだバイクで走り出すー」
 
あれは泥棒の歌だ。
 
校舎の窓ガラスを割ろうがタバコを吸おうがケンカをしようが別にどうでもいい。
それは、弁償や処罰など犠牲を払うことにより自己完結で済むからだ。
 
けど、他人のモノを盗んで被害者を出したらもうアウトでしょ。返せばいいという問題ではない。
 
「深い闇ととばりの中でー」とか言われても、いやいや盗まれた人の気持ち考えろよ。
おまえの青春謳歌なんか知らんわ、早く返しに行けよあの人困ってるだろうが。
 
 
 
。。。。。。。。。。。。。
 
 
 
東京から地方に出てきて良かったと思える点の一つに、「自転車を撤去されにくい」ことが挙げられる。
 
 
東京は放置自転車取り締まりのボランティアみたいな人が街のあちこちで目を光らせていたので、半日でも置いてたら即撤去だ。
 
もちろん限度はあるが、今治だとコンビニの前で1週間とかでもけっこう大丈夫。
 
 
 
先日、4泊5日の旅行に行くときも、(ボクは怖かったのだが)地元の友達が絶対大丈夫だからと言い切るので駅前に置いて出た。
 
5日後、普通にあった。田舎ならではのメリットですね。
 
 
東京から来た身としてはもう不安で不安で、旅行中ずっと自転車が頭を過ぎる始末で全然置いてきた気になりませんでしたけど。
 
 
 
 
 
 
 
 
 

| コメント (1) | トラックバック (0)

« 2017年10月 | トップページ | 2017年12月 »